Android Auto対応車でYouTube動画等を再生する4つの方法

Android Auto(アンドロイドオート)スマホと車を接続すれば、スマホの中の音楽アプリ(Apple MusicやAmazon Music、Spotify等)やナビアプリ(Googleマップやヤフーカーナビ)を車の画面で使えるようになります。

ここで、音楽アプリとナビアプリが使えるのだから、

  • 動画再生アプリ(ユーチューブやアマゾンプライム等)動画も車の画面で見たい
  • SNSアプリ(ツイッターやインスタ等)タイムライン等も車の画面で見たい

と、思われる方もいるのではないでしょうか?

ただ残念ながら、スマホと車をAndroid Auto接続するだけではYouTube(ユーチューブ)や Amazon Prime Video(アマプラビデオ)の動画を再生するのは「不可能」です。

しかし実は、Android Auto用USB接続を使って動画アプリやSNSアプリが車の画面で見れる裏技のような方法があります。

それは、AI BOX(エーアイボックス)という小型のアダプターやAAADという特別なアンドロイドアプリを使うことです。

Android Auto対応車でYouTube動画を再生する方法イメージ

PR

AI BOXやAAADアプリを使えば、音楽アプリとナビアプリのみに限定されたAndroid Autoの制約から解放され、スマホで使える動画アプリやSNSアプリ、Webブラウザが車の画面で使えるようになり、快適で同乗者にも喜ばれるドライブができます。

ちなみに動画アプリやSNSアプリ、WebブラウザがAndroid Auto非対応なのは、運転中にドライバーが見ると危険という理由からです。

なので、停車中ならドライバーでも見てOKですが、運転中は助手席や後席の人のみ見る前提と考えて安全にお使い下さい。

というわけで、ここでは「Android Autoでユーチューブ/アマプラの動画を再生するはどうすればよいか?」について、AI BOXやAAAD連携アプリなど4つの車内で動画再生方法を紹介し、どれが1番おすすめかを分析していきます。

Android Auto/CarPlayを5年以上使い続け、かつ自動車会社の技術部門でカーナビ/オーディオの開発現場を約20年経験してきた私の実体験も含めてまとめてありますので、

  • Android Auto対応カーナビ/ディスプレイオーディオをお使いのアンドロイドユーザー
  • 家でYouTube/アマプラ動画再生してるアンドロイドユーザー
  • 車でYouTube/アマプラ動画再生したいアンドロイドユーザー
  • 車でYouTube/アマプラ動画再生方法が分からないアンドロイドユーザー

は特に参考になるかと思います。

ちなみにAndroid Auto以外の方法も含めたYouTube動画等を車の中で見る方法全てを知りたい場合は、こちら”車のナビ/オーディオ画面でユーチューブ動画等を見る5つの方法“の記事にまとめましたので、もしよければ合わせてご参考にどうぞ。

関連記事

「車のナビやディスプレイオーディオって、なんでYouTube(ユーチューブ)が見れないの?」 「テレビなら見れる車もあるけど、スマホでYouTubeが見れる時代に車で見れないって変じゃない?」 と、思ったことは無いでしょうか? […]

PR

PR

Android Auto対応車でYouTube動画等を再生する方法概要

Android Auto(アンドロイドオート)の対応車・対応ナビ・対応ディスプレイオーディオYouTube(ユーチューブ)やAmazon Prime Video(アマプラビデオ)を再生する方法は、大まかに分けて以下4つのパターンがあります。

  • 1) AI-BOX USB接続
  • 2) Android Auto+AAAD(Root化不要)
  • 3) 動画ファイル保存済のUSBメモリ
  • 4) Android Auto+スマホRoot化

上記4つの方法は、初心者でも簡単かつ確実に見れるおすすめの順番に並べてあります。

各方法では、具体的に何ができるか?費用はいくら必要か?等々について、以下の一覧表にまとめてみました。

最初に書かせていただきますが残念ながら、動画再生の方法としてに完全無料の方法は無いです・・・最低でも500円以上の費用は必要となります。

Androido
Auto
対応車で
動画再生
する方法
初期
費用
再生 ダウン
ロード
故障・使用不可
リスク
総合
評価
You
Tube
Amazon
Prime
Video
保存
動画
Amazon
Prime
Video
起動NG,
他アプリ
利用
不可等
Android
Auto
アプデ時
利用不可
リスク
1)
AI-BOX
USB接続

(約
2万円
~)
2)
Android
Auto
+ AAAD
(Root化不要)

(約
500円
~)
× ×
3)
動画
ファイル
保存済の
USBメモリ

(約
1,000円
~)
× ×
4)
Android
Auto
+ スマホ
Root化
×
(保証費用
等の消滅)
× × ×

最もおすすめの方法が、2万円程度のAI-BOXと呼ばれる小型機器をUSB接続ハードウェアで対応する方法です(下図)。

CarPlay AI BOXを車の通信用USBポートとケーブル接続

AI-BOXは一般的にCarPlay接続にて通信を行いますが、Android Auto対応の車であればほぼ間違いなくCarPlayにも対応していますので、同じ通信用USBポートにAndroidスマホの代わりにAI-BOXを接続するだけです。

もちろん、お使いのスマホがAndroidスマホであっても全く問題無しです。

次におすすめの方法が、お使いのAndroidスマホにAAADと呼ばれる有料アプリ(支払いは初回1回のみ500円程度)をインストールし、ソフトウェアで対応する方法です(下図)。

Android Auto+AAAD+CarStreamでYouTube動画再生

ソフトウェアで対応することでハードウェアで対応するより安く動画再生が可能となりますが、YouTube動画は問題無く見れるものの、一部のAmazon Prime動画やNetFlix動画が見れ無かったり、動画のダウンロードには非対応だったりと確実さという点では少し劣るのが実情です。

よって2番目のソフトウェアで対応する方法は、まずはYouTubeだけでも良いから手軽に見てみたいという方におすすめです。

3番目以降の方法は手間やリスクの割に得られるものが少ないので、存在することだけは紹介はしますが、正直おすすめできないです。

次章より各方法のメリット・デメリット・具体的な作業手順等について詳しく書かせていただきます。

PR

1) AI-BOX USB接続によるYouTube動画再生方法

AI BOXでYouTube動画が見れる画面イメージ

YouTubeやAmazon Prime Videoを再生する方法としては、こちらのAI-BOXをUSB接続する方法が最もおすすめです。

理由は、次章のメリット・デメリットにも書かせていただきますが、初心者でも簡単・確実にYouTubeでもAmazon Prime Videoでもほぼ全ての動画再生アプリが見れるようになるからです。

 

AI-BOX USB接続によるYouTube動画再生方法のメリット

こちらの方法のメリットは以下の通りです。

  • YouTube・Amazon Prime Video・NetFlix・保存動画などほぼ全ての動画再生アプリに対応
  • Amazon Prime Videoはダウンロード+オフライン再生にも対応し通信料を節約可能
  • お持ちのスマホがAndroidでもiPhoneでもどちらでもOK

特に、Amazon Prime Videoはダウンロード+オフライン再生は、2番目のアンドロイドスマホにAAAD経由でアプリ追加後Android Auto接続する方法では不可能なので、こちらの方法ならではメリットと言えます。

 

AI-BOX USB接続によるYouTube動画再生方法のデメリット

逆にこちらの方法のデメリットは以下の通りです。

  • 初期費用(約2万円以上)必要
  • AI-BOXにスマホ同様の初期設定(アカウントログイン等)必要
  • カーナビの起動時間に加えAI-BOXのシステム起動待ち時間が10秒程度毎回必要

車内で快適に動画が見れるようになるとは言え、2万円の出費はインパクトが大きいかと思います。

ただし、地デジTVのチューナーも3万円以上しますし、最近ではスマホも5~10万円以上することを考えるとある意味妥当な価格と言えます。

また通常カー用品には取付作業が必要で、取付作業を店などに依頼する場合は1時間あたり5,000~10,000円程度の取付作業代が必要となりますが、こちらのAI-BOXはUSBポートに挿すだけなので誰でも数秒で作業完了なので取付作業代は0円です。

PR

AI-BOX USB接続によるYouTube動画再生方法の手順

AI-BOXをUSB接続してYouTube動画等を再生する手順は以下の通りです。

  1. AI BOXを用意
  2. USBケーブルでAI BOXとAndroid Auto/CarPlay対応オーディオを接続
  3. Wi-Fi環境等でAI BOXにYouTube/Amazon Prime等の動画アプリをインストール
  4. Wi-Fi環境等でAI BOXへ動画データをダウンロード
  5. Android Auto/CarPlay対応オーディオ画面で快適にAI BOX内の動画データを再生

動画データは、事前にダウンロードせずにテザリング等のWi-Fi・モバイルネット環境下でストリーミング再生することも可能です。

テザリングWi-Fi・車内専用Wi-Fi・モバイル接続SIMカードなど様々なネットワーク環境の中で、どのネット接続方法がコストパフォーマンス良くおすすめか?について、こちら”オットキャスト等にSIMカードは必要!?4つの接続方法と通信料節約術“の記事にまとめてみましたので、もしよければ合わせてご参考にどうぞ。

また、もしCarPlay AI BOXの接続がうまくいかない場合は、こちら”CarPlay繋がらない問題へのiPhone/カーナビの7つの対処方法“の記事にCarPlay接続エラーの対処方法をまとめましたので、合わせてご参考にどうぞ。

iPhone側の問題への対処方法は直接関係ありませんが、カーナビ側への対処方法はCarPlay AI-BOXの接続問題にも対応可能です。

また、AI-BOX USB接続によるYouTube動画再生のさらに詳しい手順については、こちら”CarPlayでユーチューブ/アマプラ動画を見る方法基本4ステップ“の記事に実際の画面表示含めて詳しくまとめましたので、合わせてご参考にどうぞ。

 

AI BOXは2万円前後から購入可能

最近ではAI BOXを開発するメーカーが増えて価格競争が進んだ結果、以下のHerilary(ヘリラリ)C9に代表されるような2万円前後で購入可能で割安なAI BOXも発売されるようになりました。

購入ルートとしてはAmazon/楽天/Yahooショッピング等のネット通販から購入可能です。

一方で格安スマホのだと動作が遅いのと同じように、2万円前後のAI BOXだとCPUやメモリのスペックが抑えられてるため、人によっては反応が遅いと感じる場合もあります。

よって、今後長く使われるのであれば、CPU(SoC)はQualcomm製Snapdragon+内蔵メモリ(RAM)が4GB以上を搭載した以下のモデルを選択いただくのがおすすめです。

一例として、Snapdragon SM6125+RAM8GB搭載の最大手OTTOCAST(オットキャスト)製の最新機種OttoAibox P3の場合、10~20万円のカーナビ本体と比べると安いものの、やや高額で6万円程度となります。

また、同等性能のQualcomm製QCM6125採用でRAM4GB搭載の後発メーカーCarlinKit(カーリンキット)製CarlinKit Tbox Plusの場合、ソフトウェアスペックもAndroid OS 13でより新しいにもかかわらず以下のようにわりと安価なのでおすすめです。

CarlinKit Tbox Plusは、実は私も購入し、現在メイン機種として利用してます。

PR

AI BOXの性能/価格比較一覧

AI BOXをこれから検討される方の参考になるよう、CarPlay AI BOXの性能や価格についての比較一覧表を以下の通りまとめてみました。

注意すべき点は、AI BOXもスマホなどと同じように性能進化のスピードが速く、ハードウェアの性能差による価格幅も大きいので、

  • 発売直後割高な機種を買わないこと(わりとすぐに価格下落)
  • 性能不足だと実質使い辛いので安さだけで選ばないこと
  • 無駄に高額にならないよう必要十分な機能/性能を見極めること

が大切です。

機種名 おす
すめ
実売
価格
SoC
(CPU)
RAM
+ROM
OS You
Tube
Amazon
Prime
SIM
対応
HDMI
対応
Herilary
C6

C9

1.8
万円

Qualcomm
QCM2290/2GHz

2+8
GB

Android
11
Herilary
C7

4.0
万円

Qualcomm
QCM6125/2GHz

4+64
GB

Android
11

nano
SIM
Herilary
C8

4.2
万円

Qualcomm
QCM6125/2GHz

4+64
GB

Android
11

nano
SIM

(出力
のみ)
CarlinKit
V3
mini

2.5
万円

Qualcomm
QCM2290/2GHz

3+32
GB

Android
11

nano
SIM
CarlinKit
TboxPlus
64GB

3.6
万円

Qualcomm
QCM6125/2GHz

4+64
GB
〇+
Android
13

nano
SIM
CarlinKit
TBoxPlus
128GB

4.1
万円

Qualcomm
QCM6125/2GHz
〇+
8+128
GB
〇+
Android
13

nano
SIM
【数量限定】
CarlinKit
Tbox
Ambient

128GB

4.4
万円
〇++
Qualcomm
Snapdragon
SM6225/2.4GHz
〇+
8+128
GB
〇+
Android
13

nano
SIM
オット
キャスト
U2-PLUS

4.0
万円
△+
Qualcomm
Snapdragon
SDM450/1.8GHz

4+64
GB

Android
9
オット
キャスト
U2-GT

4.0
万円

Qualcomm
QCM6125/2GHz

4+64
GB

Android
10

nano
SIM
KEIYO
APPCAST
AN-S109

3.0
万円
〇+
Qualcomm
Snapdragon
SM6125/2GHz

4+64
GB
〇+
Android
12
オット
キャスト
PICASOU2

4.2~
5.3
万円
〇+
Qualcomm
Snapdragon
SM6125/2GHz

4+64
GB

Android
10

nano
SIM

(出力
のみ)
オット
キャスト
PICASOU2
RAM8 PCS41

4.5
万円
〇+
Qualcomm
Snapdragon
SM6125/2GHz
〇+
8+256
GB

Android
10

nano
SIM

(出力
のみ)
オット
キャスト
OttoAibox P3
PICASOU3

6.0
万円
〇+
Qualcomm
Snapdragon
SM6125/2GHz
〇+
8+128
GB
〇+
Android
12

nano
SIM

(出力
のみ)
KEIYO
APPCAST2
AN-S109 II

4.0
万円
〇+
Qualcomm
Snapdragon
SM6125/2GHz

4+64
GB
〇+
Android
12

(入力

出力)
オット
キャスト
PICASOU2
Pro

6.0
万円
〇+
Qualcomm
Snapdragon
SM6125/2GHz

4+64
GB

Android
10

nano
SIM

(入力

出力)

記の実売価格は通常時の販売価格なので、セール中はさらに安く販売されていて価格が違う場合もありますがご了承下さい。

CarPlay AI BOXのおすすめ機種をまとめると、以下の通りです。

CarPlay AI BOXのおすすめ機種の詳細については、こちら”CarPlay AI BOXおすすめ4選比較!そもそも何ができる!?“の記事に詳しくまとめましたので、もしよければ合わせてご参考にどうぞ。

 

CarlinKit Tbox Plusが高性能かつコスパ優秀なCarPlay AI BOXでおすすめ

最もおすすめのCarPlay AI BOXは、サクサク動作する高性能なハードスペックの割に価格も割安CarlinKit Tbox Plusです。

同じハードウェアスペックである、Qualcomm(クアルコム)製のQCM6125 を採用しているOTTOCAST U2-GT(JP)と比較しても4.4万円→3.5万円と1万円弱も割安Herilary C7と比較しても4.0万円→3.5万円と5千円も割安に購入できます。

さらにソフトウェアスペックもAndroid OS 13で他機種より新しいです。

ちなみに、CarlinKit Tbox Plusには上記の4+64GBの高性能モデルと、以下の8+128GBの最高性能モデルがあります。

モリ容量が異なるだけでSoC(CPU)の性能は同じなので、大量にオフライン再生用データ等をダウンロードする予定が無ければ、4+64GBモデルで十分ですが、長く使いたい場合はできるかぎり高スペックなものを選んでおくのもおすすめです。

逆に最も低価格でYouTubeが見れるのは、Herilary C6 または Herilary C9(ヘリラリと読みます)で、約1.8万円というコストパフォーマンスですが、CPUやメモリの性能がギリギリで画面操作の反応が遅く、多少イライラするかもしれません。

まずは価格を抑えてCarPlay AI BOXを試してみたいという方には、Herilary C6 または Herilary C9でも良いかもしれませんが、長く使い続けたいと考える方は、CarlinKit Tbox Plusの方がおすすめです。

私は現在こちらのAI-BOXをメインで使ってますが(下図)、特にRAM容量8GBの威力が素晴らしく、操作のモタツキが全く無いです。

AI-BOXは決して安くは無い買い物なので、私も最初は価格安めのCarlinKit V3を購入しました。

その後使ってるうちに操作のモタツキがガマンできなくなり、高性能モデルのオットキャストPICASOU2 や最高性能モデルCarlinKit TBox Plus 128GBに買い替え直してる状況です。

ある程度長く使う予定であれば、最初から高性能モデルを買っておくのもアリかと思います。

CarlinKit (カーリンキット) Tbox Plus 128GBとVW Tiguan

ちなみに、CarlinKitのAI BOXの選び方や具体的にできる事の詳しい内容については、こちら”Carlinkit最新おすすめ全種類の価格x性能比較!CarPlayでYouTubeを“の記事に私の実体験を元に整理しましたので、もしよければ合わせてご参考にどうぞ。

 

2) Android Auto+AAADによるYouTube動画再生方法

AAAD+Android Auto接続によるYouTube動画再生イメージ

続いて、YouTubeやAmazon Prime Videoを再生する方法として2番目におすすめなのが、アンドロイドスマホにAAAD経由で動画再生アプリ追加後Android Auto接続する方法です。

理由は、次章のメリット・デメリットにも書かせていただきますが、初期費用がわずか500円で初心者でも簡単・手軽にYouTubeが見れるようになるからです。

 

Android Auto+AAADによるYouTube動画再生方法のメリット

こちらの方法のメリットは以下の通りです。

  • 初期費用がわずか500円手軽にYouTubeが見れる(工夫次第で0円でも可能)
  • ソフトウェアによる対応方法だが危険なRoot(ルート)化は不要
  • お使いのアンドロイドスマホをそのまま使うだけで追加部品は一切不要なので車内スッキリ

特に、初期費用が安いこと、ソフトで対応するにもかかわらず危険なRoot(ルート)化は不要であることが大きなメリットです。

 

Android Auto+AAADによるYouTube動画再生方法のデメリット

逆にこちらの方法のデメリットは以下の通りです。

  • YouTubeはストリーミングで見れるもののAmazon Primeは一部コンテンツの再生・ダウンロードが不可能
  • Android OSやAndroid Autoのソフトバージョンアップによって利用不可能になるリスクあり(過去いくつかのアプリが利用不可能に)
  • 各アプリやブラウザでスマホ同様の初期設定(アカウントログイン等)必要

特に、Amazon Primeは一部コンテンツしか見れないことAndroid側の仕様変更で突然利用不可能になることが最大のデメリットです。

Android Autoは、もともと運転中の安全確保のため動画アプリには非対応とする思想で設計されており、そもそもGoogle社自体が動画アプリの使用を認めていません

なので、Google社がこのようなアプリを放置し続ける可能性も低く、突然見れなくなったり見れるように復活したりのいたちごっこのやり取りが将来想定されます。

 

Android Auto+AAADによるYouTube動画再生方法の手順

アンドロイドスマホにAAAD経由でアプリ追加後Android Auto接続してYouTube動画等を再生する手順は以下の通りです。

  1. https://github.com/shmykelsa/AAAD/releasesにアクセスしAAADアプリをダウンロード+インストール
  2. AAADアプリを開き必要な連携アプリをインストール(詳細は次章:Android Autoで実際に使用可能なAAAD連携アプリを参照)
  3. 連携アプリをスマホ上で起動しアプリから権限が求められた場合は設定ONまたは許可
  4. USBケーブル等でアンドロイドスマホと車を接続
  5. Android Autoアプリ一覧画面から動画再生アプリ(CarStreamやFermataAuto等)を起動し動画再生

 

Android Auto用AAADアプリのスマホへのインストール詳細手順

アンドロイドスマホにAndroid Auto用AAADアプリをインストールする詳しい手順と画面イメージは下図の通りです。

https://github.com/shmykelsa/AAAD/releasesを開くと以下画面になるので、最新バージョンのapkファイルをダウンロードし、開いてインストールします。

Android Auto用AAADインストール手順1

インストールが完了して開く(起動する)とアプリのインストール許可を要求されるので、スライドスイッチをONにします。

Android Auto用AAADインストール手順2

これでAAADのインストールは完了です。

 

Android Autoで実際に使用可能なAAAD連携アプリ

続いて、AAADを開いてAAAD経由でAndroid Autoで動画を見るための関連アプリをインストールしていきます。

しかし、Google社自体がAndroid Autoでの動画アプリの使用を認めていないため2023年時点では、

  • AAAD経由でもインストールそのものができないアプリ
  • AAAD経由でインストールできてもAndroid Autoで使用できないアプリ

が存在し、事実上利用な可能なアプリは以下3つ程度です。

  • CarStream
  • Fermata Auto + Fremata Controler
  • AA Mirror

今後も、各アプリでの動画再生が突然不可能になったり復活したりのいたちごっこのやり取りがあるかもしれません。

詳細は下表の通りです。

アプリ名 インス
トール
アプリ
起動
Car
Stream
Fermata
Auto
+
Fermata
Control
Screen
2 Auto
× ×
AA
Mirror
AA
Stream
× ×
AA
Mirror
Plus
×
Performance
Monitor
×

例えば実際、以前までミラーリングが行える最有力アプリだったScreen 2 Autoは、2023年時点では下図のようにインストールがブロックされています。

Android Auto用AAAD連携アプリインストール手順1

とは言え、CarStreamやFermataAuto等は2023年時点でも問題無く利用可能で、下図のようにインストール可能です。

Android Auto用AAAD連携アプリインストール手順2

AAADを完全無料で利用するには、インストールするアプリを月に1個までにする必要があります。

月1個以上アプリをインストールしたい場合、「PROにする」を選択し、約500円の支払いが必要です。

 

Android Auto+AAAD(Car Stream)のYouTube動画再生手順

AAAD経由で最初の無料お試しとしてインストールすべきおすすめアプリはCarStreamです。

CarStreamがインストールされていれば、下図のようにAndroid Autoのアプリ一覧画面でCarStreamアプリアイコンをタップするだけYouTube動画再生が可能です。

Android Auto+AAAD+CarStreamでYouTube動画再生

Android Autoで接続中のスマホのネットワーク環境でインターネット接続してますので、もし使い放題プラン等で無い場合は、スマホでYouTubeを見る場合と同じように通信容量(ギガ)の使い過ぎにご注意下さい。

 

Android Auto+AAAD(Fermata Auto)のYouTube動画再生手順

AAAD経由でインストールできるアプリのうち、最もおすすめのアプリはFermata Autoです。

Fermata Autoがインストールされていれば、下図のようにAndroid Autoのアプリ一覧画面でFermata AutoアプリアイコンをタップするだけYouTube動画再生が可能です。

Android Auto+AAAD+FermataAutoでYouTube動画再生

また、Fermata AutoならYouTube動画再生に加え、ブラウザでのネットサーフィンや、ブラウザ経由でAmazon Prime Videoの一部再生可能です。

ただし、Fermata AutoはFremata Controlerと2個セットでインストールされるため事実上、約500円支払ってPROバージョンにアップグレードしないと利用不可です。

 

次に、「3) 動画ファイル保存済のUSBメモリ接続によるYouTube動画再生方法」と「4) スマホRoot化+AndroidAuto接続によるYouTube動画再生方法」についてですが、手間やスマホが故障するリスクを考えると、正直おすすめできる方法では無いため、ここでは詳しい説明は省略致します。

「3) 動画ファイル保存済のUSBメモリ接続によるYouTube動画再生方法」にチャレンジしてみたい方は、こちら”車で動画再生できるSDカード/USB保存用ファイルの変換作成方法“の記事に詳しくまとめてありますので、ご参考にどうぞ。

関連記事

車で動画を再生する方法は何種類かありますが、お気に入りの動画をヘビーローテンション的にリピート再生する場合は、SDカードやUSBメモリに動画ファイルを保存しておくのがおすすめです。 車の中でのSDカードやUSBメモリの活用方法として、[…]

 

Android Auto対応車でYouTube動画等を再生する方法まとめ

最後にAndroid Auto対応車でYouTube動画等を再生する方法について、簡単にまとめておきます。

Android Auto対応車YouTubeやAmazon Prime Videoの動画を再生する方法は、以下4つのパターンがあり、上から順におすすめの方法となります。

  • 1) AI-BOX USB接続
  • 2) Android Auto接続+AAAD(Root化不要)
  • 3) 動画ファイル保存済のUSBメモリ接続
  • 4) Android Auto接続+スマホRoot化

最もおすすめのCarPlay AI-BOXをUSB接続する方法は、初期費用として2万円程度必要ですが最も確実かつ簡単にYouTubeとAmazon Prime Video両方の動画再生が可能です。

また、2番目におすすめのAAAD経由でアプリ追加後Android Auto接続する方法は、初期費用として0~500円程度必要ですが最も手軽にYouTubeだけは動画再生が可能です。

 

ここではAndroid Auto対応車動画再生する方法について紹介しましたが、車の画面で動画を見る方法として、Android Autoを使った方法以外にもスマホからのHDMI出力やカーナビのブラウザ機能を使った方法など他の方法もあります。

車でYouTubeなどの動画を見る様々な方法について、こちら”車のナビ/オーディオ画面でユーチューブ動画等を見る5つの方法“の記事にまとめましたので、もしよければ合わせてご参考にどうぞ。

人気記事

「車のナビやディスプレイオーディオって、なんでYouTube(ユーチューブ)が見れないの?」 「テレビなら見れる車もあるけど、スマホでYouTubeが見れる時代に車で見れないって変じゃない?」 と、思ったことは無いでしょうか? […]

 

また、車の中で見る動画コンテンツの1つとしてミュージックビデオもおすすめです。

同乗者が映像を楽しめるのはもちろんのこと、運転者も信号待ち中では映像を走行中でも音楽だけは楽しめるからです。

以下の記事で、車の中でミュージックビデオを見るノウハウについて詳しくまとめた記事も作りましたので、合わせてご参考にどうぞ。

車でミュージックビデオが見れるアプリの選び方
⇒”ミュージックビデオがダウンロードできる/見れるアプリおすすめ4選
映画ワイルドスピードのサントラから人気ミュージックビデオYouTube動画を厳選ランキング
⇒”ワイルドスピード人気曲ランキング!車とお姉さん登場MV10選

 

PR