*

こんな方法があったのか!車の音質を劇的に向上させる2つの対策[システム編]

公開日: : 最終更新日:2016/05/15 車の音質向上

多くの人々にとって、クルマに乗る時の音楽は欠かせないものです。

車の音質改善方法イメージ時には眠気覚まし的な使い方もしたりしますが、自分のお気に入りの曲を思う存分聴きながらドライブ・・・最高!!です。

なのになんか音質が悪くてせっかくのお気に入り曲が・・・もう少しいい音で聴ければ気持ちいいのに・・・などと少しでも感じられたことはないでしょうか? なんか音がこもってクリアに聴こえなかったりスピーカーが時々ブンブンなったりブツブツ雑音みたいなのが聴こえたり、音質が悪いと言ってもいろいろあります。 ここではそれら全てを解決する音質向上方法を紹介したいと思います。

特にここではクルマのオーディオシステムにスポットを当て、今のクルマの状態を大きく見直すことで劇的に音質向上を行う具体的な方法を書いていきます。 今のクルマの音質を大幅に向上させたいものの、いったい何をどうすればいいか分からないという方に参考になると思います。

車の音質を劇的に向上させる2つの対策概要

結論から言うと以下2つの対策となります。 両方とも行う必要はなく、どちらか1つご自分に合った方を選択いただければよいかと思います。

  • 今乗っている車の部品交換+部品取付変更+チューニングを行う
  • いい音を出せるように専用開発された車に買い替え

詳しい内容は次項より説明させていただきますが、

特に今のクルマに今後も長く乗る予定の方や音質に関して部品や細部にまでこだわりたい方は1つ目の方法

特にこれからクルマを買う予定があったり乗り換える予定がある方やある程度手軽によい音質を手に入れたいとお考えの方は2つ目の方法

を選択されるのがオススメです。 ちなみに私はめんどくさがり屋なので(笑)、2つ目の方法を使いました。

対策内容を知る前にまずはクルマのオーディオシステムについて音質が低下する原因を知りたい!と言う方は、こちらの”知らない人は損してる!?車の音質が低下する3つの原因[システム編]“の記事をご覧ください。

 

現状の車の部品交換+部品取付状態変更+音質チューニング

こちらの”知らない人は損してる!?車の音質が低下する3つの原因[システム編]“の記事に書かせていただいた”音質が低下する原因”、それを対策することが音質向上の基本的な考え方となります。

よって、今乗っているクルマの音質をよりよくしたい場合、

  • 音のよくない部品を交換
  • たとえ部品がよくても取付状態がよくないならそこを改善
  • よりバランスの取れた音質をつくるチューニングを実施

これら3つを行うことで、音質は必ずよくなります。

 

音質向上策は3つまとめて同時に行う

上記の音質向上策は必ず3つまとめて行うことで、より効率的に音質向上効果を得ることができます。

部品交換だけとかもアリですが、3つまとめて実施しないと部品の性能を100%引き出すのは確実に無理です。

私、KYOも実際過去に部品だけ交換したことがあります。 その時は、スピーカーを純正のものからパイオニア・カロッツェリアの総額6万円ぐらいの上級グレードのものに交換しました。 フロントドアとリアシートの後ろのパッケージトレイの合計6つの純正スピーカーを全てネットワーク付セパレートタイプの2WAYスピーカー8つにしました。 ちなみにパワーアンプはナビデッキに内蔵のものでした。

第1印象は明らかに「音がよくなった」感じです。 そりゃあ、恐らく6個で6000円もしないであろう純正スピーカー(中古部品店の価格からの推測)が10倍以上の値段になるので、10倍とは言わないでも2倍以上(笑)音がよくなって然るべきと考えたのです。

また、取付作業についてはKYO自身何度かクルマの内装部品を外した経験もありましたし、丁寧に3日くらいかけて作業を実施したのでよっぽど問題無かったと考えています。

しかし、その後、とある純正オーディオ装着車両(高級ブランドオーディオ装着車ではないが純正のそこそこのピーカー装着+音質チューニングは実施されているであろうクルマ)の音を聴いて愕然としました。

スピーカー単品の性能を比較すると明らかに自分のクルマのスピーカーの方が良いはずで、確かにツィーターから出る高音の艶感など音の質感は自分のクルマのスピーカーの方が良い気がする。 なのに、自分のクルマの音の印象を思い出してみると・・・

  • ボーカルの定位がしっかり前方に存在しているか?
  • クルマの室内全体が音に包まれバランスの取れた感じがしているか?

と言われるとなんか違う・・・自分のクルマは明らかに負けている。これがチューニングの威力か・・・。

場合によってはチューニングの実施有無がスピーカー単品の性能よりも大きく音質に影響することを身をもって体感した出来事でした。

 

音質向上策の具体的実施手段は2つ

ところで、これら3つの音質向上策を具体的に実施するには、

  • 専門のカーショップにクルマの改造をお願いする
  • 自分自身のDIYによってクルマの改造をする

の2つの手段があります。

結論から言うと、部品交換+部品取付状態変更+音質チューニングにより音質向上を行う場合、オーディオ部品の取付け・音のバランス調整の経験が無い方は、まずは専門のカーショップに相談し、全て任せてしまうのが無難です。

また、どちらの手段で実施するにせよ、具体的に何を実施するかを書いていきます。

 

部品選定

まずは、求める性能・予算・ブランド嗜好によりほぼ無限にある選択肢の中から部品を選定します。

選択肢が無限にあるので、部品の選定は大変ですが、人によってはここが楽しみでもあります。

カーオーディオシステムを構築する上でシステムの中心となるメインユニット(ソースユニット)について、カーナビを使用される場合の部品選定についてこちら知っておきたいハイレゾ対応カーナビの選び方の記事にまとめましたので、もしよければご参考にどうぞ。

また、「なぜハイレゾ対応?」と思われた方は合わせてこちらカーナビを選ぶならハイレゾ対応にしておくべき4つの理由の記事もご参考にどうぞ。

 

部品取付+チューニング

次に選定した部品をクルマへ確実に取付け、最後に音のバランス調整(チューニング)を行います。 ただし、取付けの作業と調整の作業は一般の方が行うにはなかなか困難な作業です。

例えば、カーメーカー純正の高音質スピーカー・カーオーディオシステム部品の取付け設計・調整や評価は、その道何十年ものエンジニアが何日もかけて行います。 純正高音質スピーカー・カーオーディオシステム同等以上の音質を実現しようとすると、素人仕事では、せっかく高価な部品を選定してもその実力を出し切ることができず本末転倒となる場合があるので注意が必要です。

クルマの場合、最終的な音質を決定づける要素の割合は、

  • スピーカー・アンプなど部品の性能:約20%
  • 特にスピーカーなど部品の取付状態:約40%
  • 音のバランス調整:約40%

です。

なんと取付状態と音のバランス調整結果で音質の80%が決まってしまうのです。

特に音のバランス調整については、目に見えにくい作業ということもあり軽く見られがちですが、上記の私の失敗談やこちらの”知らない人は損してる!?車の音質が低下する3つの原因[システム編]”の記事にも書かせていただいた通り、ホントに大切です。

 

いい音を出せるように専用開発された車への買い替え

いい音を出せるように専用開発された車とは

実は、”音がよくない原因”を1つ1つ自分や専門のカーショップで対策することだけが音質向上の方法ではありません。

そもそも、“音がよくない原因”が開発段階で解決されている”最初からよい音を目指して設計された車”なるものが存在します。 具体的には、ディーラーで納車されるタイミングで既に高音質のオーディオシステムが装備されている純正高音質カーオーディオシステム装着車と呼ばれるクルマがあるのです。

純正高音質カーオーディオシステム装着車のオーディオは多くの場合、カーメーカーとカーオーディオメーカーが共同で設計・開発し、クルマを組み立てる工場で他の部品といっしょにクルマへ取付けられます。 取付けられた後、カーメーカーの厳しい基準で検査され、その検査に合格したものだけが出荷されます。 また、開発段階からエンジンなど他のクルマ用の部品と遜色ない厳しい基準で耐久性能などが保証されるように設計されており、大きな安心感があります。

この純正高音質カーオーディオシステム装着車へクルマごと買い替えてしまえば、音質の問題が手っ取り早く解決します。 当然ですが、新車・中古車問わず高音質カーオーディオシステム装着車は存在します。

よって具体的な手段としては、

  • 新車の音がいい車(純正高音質カーオーディオシステム装着車)に買い替える
  • 中古の音がいい車(純正高音質カーオーディオシステム装着車)に買い替える

の2つの手段があります。

ちなみに私KYOは、中古の純正高音質カーオーディオシステム装着車に買い替えるという手段を選びました。

当時乗っていた車が10万kmを超えており、そろそろいろんな部品が壊れ始めたから修理代が高くつく前に買い替えたいという思惑もあったのですが、とりあえずクルマを買い替えてからクルマの改造を行って音質向上を行うのが単にめんどくさかったかつ新車で買うにはお金が足りなかったので(笑)、中古の高音質カーオーディオシステム装着車を選択しました。

純正高音質カーオーディオシステム装着車について新車と中古車だとどちらがメリットが大きいについては、”純正プレミアムオーディオ装着車を新車で買う3つのメリット!“または、”純正プレミアムオーディオ装着車を中古で買う4つのメリット!“の記事をご覧ください。

 

純正高音質カーオーディオシステム装着車について

具体的に世の中にどのような高音質なカーオーディオを搭載した車があるかについては、コストパフォーマンスも考慮しながら以下の記事にオーディオブランド別・ボディータイプ別に整理しました。 もしよければ、自分に合ったクルマを探すときのご参考にどうぞ。

 

また、カーメーカー純正の高音質なカーオーディオシステム装備の設定方法について、こちらの”純正品という選択!日本で買える純正高音質カーオーディオ装着車“の記事に詳しく書かせていただきましたので、合わせてご参考にどうぞ。

関連記事

howto_select_AUXcable

知っておきたい車のAUX端子用ステレオミニプラグケーブル(オーディオケーブル)の選び方

クルマの中だけでなく、様々なシーンで使用されるAUX端子用ステレオミニプラグケーブル。

記事を読む

howto_listen_rent-a-car

レンタカーでお気に入りの音楽を聴きながらドライブする方法

国内旅行先や海外旅行先でレンタカーを借りてドライブ。 その時、自分のお気に入りの音楽を好きなだけ、し

記事を読む

600x600DSEE-HX

ハイレゾウォークマン内蔵のDSEE-HXの効果と音質評価

最近のハイレゾブームの大きな立役者であるソニーのハイレゾウォークマン。 このハイレゾウォークマンは、

記事を読む

600x600MKLV_Setting

レクサス・マークレビンソンのおすすめDSP設定と音質の違いとは

レクサスのマークレビンソン装着車には、いくつかの音質設定項目があります。 購入されたままの状態でお使

記事を読む

car-on-speaker-genuine

誰でも簡単に高音質!純正高音質カーオーディオが持つ5つのメリットとは?

ここでは、純正高音質カーオーディオ装着車の様々なメリットについて書かせていただきます。 音がいい車で

記事を読む

PC用336×280

  • 名前:KYO(30代後半・理系)
    職業:カーオーディオの設計開発
    ※プロフィール詳細はこちら
PAGE TOP ↑