カーオーディオ開発者が本気で書いたノウハウまとめサイト”music-lifestyle net”へお越しいただきありがとうございます!

ハイレゾ対応曲比較!Amazon MusicとApple Music片方にしか無い曲!?

CDよりも高音質なハイレゾ対応の曲は、サブスク音楽アプリAmazon MusicとApple Musicのどちらでも聴くことが可能です。

ただ注意点として、邦楽/洋楽に関わらず、Amazon Musicではハイレゾ対応なのにApple Musicではハイレゾ非対応の曲があったり、逆に、Apple Musicではハイレゾ対応なのにAmazon Musicではハイレゾ非対応の曲があったりします。

ハイレゾ対応曲の比較でAmazon MusicとApple Music片方にしか無い曲

私KYOはハイレゾ音質大好き人間なので、Amazon MusicとApple Musicの両方をサブスク課金し、曲によって使い分けるハイレゾオタクと化してますが、まず初めはどちらか1つに絞って使ってみるのがおすすめです。

そこでここでは、Amazon MusicとApple Musicの各サブスク音楽アプリについて、ハイレゾ対応曲の見分け方/探し方どちらが自分の好みの楽曲のハイレゾ対応が進んでいるか分かるようどちらか片方でしかハイレゾで聴けない曲を具体的に調べてみた結果を書いていきます。

 

目次
PR

Apple Music/Amazon Musicのハイレゾ対応曲

どちらか片方でしかハイレゾで聴けない曲について書かせていただく前に、Apple Music / Amazon Music それぞれのハイレゾ対応曲の見分け方/探し方について、簡単に書かせていただきます。

実はハイレゾ対応曲はまだ多くはないので、これらのサブスク音楽アプリではハイレゾ対応曲とハイレゾ非対応曲は基本的に混ざって配信されています。

 

ハイレゾ対応音源の定義とは

一般的には音楽CDに録音されているものよりも大きいサイズ・より詳しく記録されているデータをハイレゾ音源と呼びます。

電子情報技術産業協会(JEITA)の定義によると、16bit/48kHzよりも高い解像度のリニアPCMデータとなっています。

通常、音楽CDは16bit/44.1kHz、DVD-VideoのリニアPCM音声トラックは16bit/48kHzなので、感覚的にもこれまで普段聴いていた音楽データよりも高い解像度のデータをハイレゾ対応音源と考えると理解しやすいかと思います。

  • 電子情報技術産業協会(JEITA)の定義:16bit/44.1kHzまたは16bit/48kHzよりも高い解像度のリニアPCMデータ

具体的には、16bit/48kHzよりも高い解像度24bit/44.1kHz、24bit/88.2kHz、24bit/96kHzなど、基本ここでは24bitのデータをハイレゾ音源と考えていきます。

 

Apple Musicのハイレゾ対応曲の見分け方/探し方

Apple Musicのハイレゾ曲表示

まず微妙にややこしいのが、Apple Musicのハイレゾ曲表示です。

Apple Musicの場合、上図のようにパッと見は、「ロスレス」と「ハイレゾロスレス」の2種類です。

しかし、よく見ると「ロスレス」の中に「16bit/44.1kHz」と「24bit/44.1kHz」が両方含まれており、後者「24bit/44.1kHz」はハイレゾ音源と定義されます。

  • ハイレゾロスレス →ハイレゾ対応
  • ロスレス(24bit/44.1kHz) →ハイレゾ対応
  • ロスレス(16bit/44.1kHz) →ハイレゾ非対応

のように、単に「ロスレス」とだけ書かれた音源の中にもハイレゾ対応音源が混じっているので注意が必要です。

よって、Apple Musicでのハイレゾ音源の探し方としては、まずハイレゾロスレスであるかを確認し、次にロスレスの場合であっても24bit対応してるか詳細を確認する手順となります。

 

Amazon Musicのハイレゾ対応曲の見分け方/探し方

Amazon Musicのハイレゾ曲表示

続いて、Amazon Musicのハイレゾ曲表示ですが、こちらはシンプルです。

Amazon Musicの場合、上図のように「Ultra HD」と「HD」の2種類のみハイレゾ対応/非対応もシンプルに区別可能です。

  • Ultra HD →ハイレゾ対応
  • HD →ハイレゾ非対応

よって、Amazon Musicでのハイレゾ音源の探し方としては、Ultra HDと表示されているかシンプルに確認するだけの手順となります。

 

Apple Music/Amazon Music両方でハイレゾ対応の曲

ここからが本題の、Apple Music/Amazon Musicどちらか片方でしかハイレゾで聴けない曲を具体的に調べてみた結果です。

ちなみに例としてあげている曲は、サブスク音楽サービスで聴けるハイレゾ対応音源の中で、私がヘビロテしてる個人的超おすすめ曲です。(もしも趣味が合わなかったらすいません・・・)

まずは、Apple Music/Amazon Music両方ともでハイレゾで聴ける安心な曲についても、念のため紹介させていただきます。

箇条書きにすると、

  • Amazon Music = ハイレゾ対応
  • Apple Music = ハイレゾ対応

となっている曲です。

 

Apple Music/Amazon Music両方でハイレゾ対応の邦楽曲→Official 髭男dism/「Traveler」

Amazon Music/Apple Musicの両方でハイレゾ対応の邦楽

Amazon MusicでもApple Musicでもハイレゾで聴ける代表的な邦楽がOfficial 髭男dismです。

例えば、Official 髭男dismの「Traveler」ならAmazon MusicでもApple Musicでもハイレゾで聴けます。

ただし、1つ注意点として微妙に解像度に違いがあり、

  • Amazon Music = 24bit/96kHz
  • Apple Music = 24bit/44.1kHz

と、Amazon Musicの方がApple Musicよりも高解像度なハイレゾ音源となっています。

つまり、Amazon MusicでもApple Musicでもハイレゾ対応有には変わりありませんが、より高解像度なデータで聴きたい場合は、Amazon Musicの方がおすすめです。

ちなみに、ハイレゾ音源ダウンロードサイトe-onkyoでは、Amazon Musicと同じ24bit/96kHzの音源が販売されています。

 

Apple Music/Amazon Music両方でハイレゾ対応の洋楽曲→Dua Lipa/「Future Nostalgia」

Amazon Music/Apple Musicの両方でハイレゾ対応の洋楽

次にAmazon MusicでもApple Musicでもハイレゾで聴ける代表的な洋楽がDua Lipaです。

例えば、Dua Lipaの「Future Nostalgia」ならAmazon MusicでもApple Musicでもハイレゾで聴けます。

こちらは、先ほどのOfficial 髭男dismとは違い、Amazon MusicでもApple Musicでも同じハイレゾ解像度24bit/48kHzです。

ちなみに、最近の新しい曲は音楽CDのフォーマットを優先してマスタリングする必要が無くなったせいか、サンプリングレートが44.1kHzでは無く、48kHzのものが増えてきたような印象です。

 

Apple Music/Amazon Music片方だけハイレゾ対応の曲

続いて、本題中の本題、Amazon MusicとApple Musicどちらか片方でしかハイレゾで聴けない曲の例を紹介していきます。

 

Amazon Musicはハイレゾ対応/Apple Musicはハイレゾ非対応の曲

まずは、Amazon Musicはハイレゾ対応音源で、Apple Musicはハイレゾ非対応音源の曲の例です。

箇条書きにすると、

  • Amazon Music = ハイレゾ対応
  • Apple Music = ハイレゾ非対応

となっている曲です。

 

Amazon Musicはハイレゾ対応/Apple Musicはハイレゾ非対応の邦楽曲→YOASOBI/「THE BOOK」

Amazon Musicはハイレゾ対応でApple Musicはハイレゾ非対応の邦楽

Amazon Musicではハイレゾ音源で、Apple Musicでは非ハイレゾの代表的な邦楽は、YOASOBIの「THE BOOK」です。

アルバム収録曲全てではありませんが、「ハルジオン」「たぶん」「群青」等の人気曲は、以下の通りAmazon Musicでのみハイレゾ音源に対応しています。

  • Amazon Music = 24bit/48kHz(ハイレゾ対応)
  • Apple Music = 16bit/44.1kHz(ハイレゾ非対応)

つまり、YOASOBIの「THE BOOK」をハイレゾ音源で聴きたい場合は、Amazon Musicで無いと聴くことができません。

 

Amazon Musicはハイレゾ対応/Apple Musicはハイレゾ非対応の洋楽曲→Little Mix/「Confetti」

Amazon Musicはハイレゾ対応でApple Musicはハイレゾ非対応の洋楽

次に、Amazon Musicではハイレゾ音源で、Apple Musicでは非ハイレゾの代表的な洋楽は、Little Mixの「Confetti」です。

こちらはアルバム収録曲全てが、以下の通りAmazon Musicでのみハイレゾ音源に対応しています。

  • Amazon Music = 24bit/44.1kHz(ハイレゾ対応)
  • Apple Music = 16bit/44.1kHz(ハイレゾ非対応)

よって、Little Mixの「Confetti」をハイレゾ音源で聴きたい場合は、Amazon Musicで無いと聴くことができません。

ちなみにLittle Mixはアルバムによって、Amazon Musicだけハイレゾに対応してたり、Amazon MusicとApple Musicの両方でハイレゾ対応してたりまちまちです。

  • Little Mix/「Confetti」. 「Glory Days」→Amazon Musicのみハイレゾ対応
  • Little Mix/「LM5」. 「Get Weird」→Amazon MusicとApple Musicの両方でハイレゾ対応

全体的に、洋楽についてはAmazon Musicの方がハイレゾ対応が進んでいる印象です。

Amazon Music の詳細 (Amazon 公式サイト)を確認

 

Apple Musicはハイレゾ対応/Amazon Musicはハイレゾ非対応の曲

続いて逆のパターン、Apple Musicはハイレゾ対応音源で、Amazon Musicはハイレゾ非対応音源の曲の例です。

箇条書きにすると、

  • Amazon Music = ハイレゾ非対応
  • Apple Music = ハイレゾ対応

となっている曲です。

 

Apple Musicはハイレゾ対応/Amazon Musicはハイレゾ非対応の邦楽曲→MISIA/「星空のライヴ」

Amazon Musicはハイレゾ非対応でApple Musicはハイレゾ対応の邦楽

Amazon Musicでは非ハイレゾ音源で、Apple Musicではハイレゾの代表的な邦楽は、MISIAの「星空のライヴ」です。

アルバム収録曲全てが、以下の通りApple Musicでのみハイレゾ音源に対応しています。

  • Amazon Music = 16bit/44.1kHz(ハイレゾ非対応)
  • Apple Music = 24bit/88.2kHz(ハイレゾ対応)

よって、MISIAの「星空のライヴ」をハイレゾ音源で聴きたい場合は、Apple Musicで無いと聴くことができません。

ちなみに、こちら”Amazon Music HD比較試聴レビュー!音質/料金等2年使い続けた評価“の記事で、この MISIAの「星空のライヴ」について、Apple MusicとAmazon Musicのロスレス音源どうしの音質について比較評価を行ってみましたが、私の試聴環境では、驚くべきことに非ハイレゾ音源のAmazon Musicの方がApple Musicよりも高音質に聴こえるという結果となりました。

つまり最も理想的なサブスク音楽アプリの選び方としては、実際に自分のリスニング環境で、無料お試し期間中にAmazon MusicとApple Musicを自分のお気に入り曲で比べるのが間違い無いです。

結構めんどくさいかもしれませんが・・・。

 

Apple Musicはハイレゾ対応/Amazon Musicはハイレゾ非対応の洋楽曲→ポストマローン/「One Right Now」

Amazon Musicはハイレゾ非対応でApple Musicはハイレゾ対応の洋楽

次に、Amazon Musicでは非ハイレゾ音源で、Apple Musicではハイレゾの代表的な洋楽は、ポストマローン/「One Right Now」です。

こちらはアルバムでは無く1曲のみとなりますが、以下の通りApple Musicでのみハイレゾ音源に対応しています。

  • Amazon Music = 16bit/44.1kHz(ハイレゾ非対応)
  • Apple Music = 24bit/44.1kHz(ハイレゾ対応)

ちなみに、他のポストマローンの曲やアルバムのうちいくつかはAmazon Musicでもハイレゾ音源に対応しています。

Apple Music 詳細(Apple 公式サイト)を確認

 

Apple Music/Amazon Music両方でハイレゾ非対応の曲

最後に、残念ながらAmazon MusicとApple Music両方ともハイレゾで聴けない曲についても、念のため紹介させていただきます。

箇条書きにすると、

  • Amazon Music = ハイレゾ非対応
  • Apple Music = ハイレゾ非対応

となっている曲です。

世の中のどこを探してもハイレゾ音源化されていない曲はたくさんありますが、ここで対象としているのは、世の中にはハイレゾ音源として存在している曲であるにもかかわらず、Amazon MusicとApple Music両方ともハイレゾで聴けない曲です。

具体的にはe-onkyoなどのハイレゾダウンロードサイトではハイレゾ音源が存在しますが、Amazon MusicとApple Musicなどサブスク音楽アプリではあえてハイレゾ音源ではない別の音源が配信されている曲です。

私が探し回った限り、このようなタイプの音源は邦楽にしか存在しなかったので、邦楽の例を2つ紹介致します。

 

Apple Music/Amazon Music両方でハイレゾ非対応の邦楽曲1→中島美嘉/DEARS,TEARS

Amazon Music/Apple Musicの両方でハイレゾ非対応の邦楽1

Amazon MusicでもApple Musicでもハイレゾで聴けない代表的な邦楽は中島美嘉です。

ここでは2枚同時リリースのベストアルバム「DEARS」「TEARS」のうち「DEARS」を例にあげていますが、中島美嘉でハイレゾ音源化されているアルバムは全て別の非ハイレゾ音源でAmazon MusicやApple Musicで配信されています。

  • Amazon Music = 16bit/44.1kHz(ハイレゾ非対応)
  • Apple Music = 16bit/44.1kHz(ハイレゾ非対応)

 

Apple Music/Amazon Music両方でハイレゾ非対応の邦楽曲2→LiSA/炎

Amazon Music/Apple Musicの両方でハイレゾ非対応の邦楽2

Amazon MusicでもApple Musicでもハイレゾで聴けない代表的な邦楽としてもう1つの例がLiSAです。

こちらのLiSAは中島美嘉と違い、Amazon MusicやApple Musicでハイレゾで配信されている曲もあります。

ただし、ここであげさせていただいた「炎」については、

  • Amazon Music = 16bit/44.1kHz(ハイレゾ非対応の圧縮音源)
  • Apple Music = 16bit/44.1kHz(ハイレゾ非対応のロスレス音源)

と、両方ともハイレゾ非対応となっています。

Amazon Musicに至っては、ハイレゾ非対応のロスレス音源ですら無く、圧縮音源です。

 

Apple Music/Amazon Music片方だけハイレゾ対応の曲まとめ

最後にAmazon MusicとApple Musicどちらか片方でしかハイレゾで聴けない曲についてのまとめですが、

  • 洋楽のハイレゾ対応はAmazon Musicの方が有利な印象だがApple Musicでしか聴けない曲もある
  • 邦楽のハイレゾ対応はApple Musicの方が有利な印象だがAmazon Musicでしか聴けない曲もある
  • Apple Music/Amazon Music両方でハイレゾで聴ける曲もある
  • Apple Music/Amazon Music両方でハイレゾで聴けない曲もあるほぼ邦楽のみ)

となります。

 

ところで、2022年1月までの期間限定でAmazon Musicのおためし無料体験期間が通常の1ヶ月→3ヶ月に延長されるキャンペーンが実施されています。

ちなみにApple Musicは普段から無料体験期間が3ヶ月なので、今なら3ヶ月間ゆっくりAmazon MusicとApple Musicのどちらが自分に合ってるか試してみて、自分に合わない方、または最悪両方とも解約も可能な状態です。

キャンペーンの詳細等は以下のリンクにありますので、もしよければご参考にどうぞ。

Amazon Music HD3ヶ月無料体験キャンペーン(2022年1月10日まで)の詳細を確認(Amazon公式ページ)

Apple Music の詳細を確認(Apple公式ページ)

PR
最新情報はツイッターからご確認いただけます