*

車で心震える高音質!高級カーオーディオとは[ボーズ(BOSE)編]

公開日: : 最終更新日:2018/11/18 ランキング!, 音がいい車, 高級カーオーディオ

BOSE(ボーズ)。

それは、世界で最も知名度の高い”高級カーオーディオのブランドです。

BOSEブランド発祥の地であるアメリカ、そのアメリカのカーブランドであるキャデラック・シボレー・ハマーだけにとどまらず、ヨーロッパのアウディやポルシェにも純正カーオーディオとして採用されています。

そして実は日本車でも日産・マツダに採用されており、BOSEは世界中の多くのカーブランドに幅広く採用されているオーディオブランドであると言えます。
高音質な高級カーオーディオシステムのボーズ(BOSE)

ここでは、”BOSE”ブランドそのものの概要や、どうすれば”BOSEの音”を車の中で聴くことができるのかについて書かせていただきます。

まず最初に、私が普段カーオーディオの開発を行うことで得られた経験をもとに”BOSE”のブランド・音響システムについて技術者としての視点も交えながら、できる限り分かりやすく説明させていただきます。

次に、私が1人の自動車ユーザーとしての視点で、音がいいサウンドシステム装着車を新車・中古車でそれぞれお得に手に入れた際に実際に使用した方法について、詳しく説明させていただきます。

BOSE(ボーズ)ブランドとは

“BOSE”は、1964年にアメリカで設立されたオーディオブランドです。 独自理論をベースに独自の音を追求し、独自技術を持ったホームシアター・スピーカーやヘッドホン・イヤホン等の音響機器を主に開発・販売しています。

ブランドの理念として「生演奏の感動をありのままに再現する」ことを追求しており、その独自技術は音響機器にとどまらず様々な分野へ応用されています。

また、高級ブランドでありながらアウトレットモールなど様々な場所へ積極的にBOSE直営店を出店することで、さらなるブランドの認知度向上につながっています。 よって他の高級オーディオブランドと比べると日常的にBOSE製品を目にすることは多く、特に以下の “QuietComfort” というノイズキャンセリング機能付のヘッドホンに関しては、やや高価なモデルではあるものの目にしたことのある方が多いかもしれません。

このヘッドホンシリーズの初代QuietComfortが2000年に登場すると同時に、特に長時間騒音にさらされる国際線航空機内での使用をメインにブームとなりました。 私KYOも時々仕事などで海外に行くことがありますが、確かに日本からの欧米路線だと10時間以上もあるので、音楽用だけでなく耳栓代わりの安眠用としても”優れたノイズキャンセリング機能”は重宝します。(機内での睡眠の質は向上するものの、たまに食事の時間を寝過ごして悲しい思いをすることもありますが。。。)

上記写真の最新モデルはQuietComfort 25でちょうど初代QuietComfortから数えて6世代目となり、およそ15年以上にわたる様々な改良が盛り込まれています。 乾電池駆動であるため電池で駆動できる時間しか連続使用できないものの、長年に渡って開発・熟成されたノイズキャンセリング機能・装着感(付け心地)・音質は、大きな没入感が期待できます。 またこの最新モデルでは、電池が切れてもノイズキャンセル機能は効かないものの通常のヘッドホンとしては使用できます。 BOSE社の公称値でも単4アルカリ電池1本で約35時間連続使用可能であるため、そこまで電池の持ち時間に神経質にならなくてもよいのかもしれません。 QuietComfort 25の最新価格やレビューの確認はこちらからどうぞ(情報提供:Yahoo!, 楽天, Amazon)。

ちなみにヘッドホンではなくイヤホンタイプのQuietComfort 20 イヤホンもあります。 ※BOSEの製品一覧BOSE公式サイトはこちらからどうぞ。

 

BOSE(ボーズ)のカーオーディオ・スピーカーとは

600x200BOSE

通常、カーオーディオ・スピーカーを指名買いしたい場合、

  • アフターパーツ(後付部品)として装着する
  • 自動車メーカーの純正オプションとして装着する

の2択となります。 しかし、BOSEのカーオーディオに関しては、アフターパーツの販売はありません。 つまり、オートバックスなどのいわゆるカー用品量販店やカーオーディオ専門ショップで部品として購入することはできないのです。

よって、”BOSE”ブランドの音を車の中で聴きたい場合は、自動車メーカーの純正オプションとして装着されているものの中から選択することになります。

 

BOSE(ボーズ)のサウンドシステム・スピーカー装着車[国産車編]

ここでは、”BOSE”ブランドの高級カーオーディオ・スピーカーシステムの音を日本車の中で聴く方法について書かせていただきます。

冒頭に書かせていただいた通り”BOSE”はアメリカで誕生した海外ブランドですが、海外ブランドである輸入車だけに装着されているわけではありません。 実はマツダや日産など多くの日本車にも純正カーオーディオ・スピーカーシステムとして採用されています。

よって、”BOSE”の音を日本車で聴くには、

  • マツダや日産の新車を買う
  • マツダや日産の中古車を買う

のどちらか2つから選ぶこととなります。

 

マツダ純正のBOSE(ボーズ)サウンドシステム装着車とは

現時点でマツダ車に採用されている高級カーオーディオブランドはBOSEのみです。 例えばトヨタが採用している”JBL”やスバルが採用している”ハーマンカードン”のカーオーディオはマツダ車には一切採用されていません。 一部の輸入車ブランドを除いて、通常1つのカーブランドに対し1つのカーオーディオブランドと、1対1でのブランド戦略が構築されています。 これは競合他社に対して囲い込みを行うビジネス上の理由とブランド戦略のユーザーへの分かりやすさとの2つの理由があると考えられます。

ちなみに、マツダは”BOSE”のオーディオを採用と書きましたが、実は残念ながら全てのマツダ車に”BOSE”が装着されているわけではありません。 とは言え、現時点で9車種以上のマツダ車ラインナップに採用されており、他の国産自動車メーカーと比較すると高級オーディオを装着した車種の選択肢が多い方となります。 また、グレードによってはオプション装備となりますので、そのような場合にはマツダ車の中でもBOSEのオプション設定に該当する車種かつオプション装着した場合のみ”BOSE”装着となります。

ここでは、マツダ純正のBOSEシ装着車をコストパフォーマンスがいい順(=安く買える順)にランキング化してみました。

また、こちらに掲載している価格は現在日本で新車として販売されているもののオプション込の価格となりますが、中古車の在庫がありそうなモデルについては参考で中古価格が分かるリンクも付けました。

車両メーカー・ブランド
車 名
スピーカー
装着個数
★新車★
最安価格
★中古車★
最安価格・最新詳細情報
(情報提供:カーセンサー)
1位 マツダ
アクセラ
スポーツ
9 個 ¥2,127,600- アクセラスポーツBOSE装着車の詳細スペック・最新/最安中古車価格「いったいいくら?」を確認
2位 マツダ
アクセラ
セダン
9 個 ¥2,127,600- アクセラセダンBOSE装着車の詳細スペック・最新/最安中古車価格「いったいいくら?」を確認
3位n マツダ
CX-3
7 個 ¥2,559,600- CX-3_BOSE装着車の詳細スペック・最新/最安中古車価格「いったいいくら?」を確認
4位 マツダ
アクセラ
ハイブリッド
9 個 ¥2,694,600- アクセラハイブリッドBOSE装着車の詳細スペック・最新/最安中古車価格「いったいいくら?」を確認
5位 マツダ
CX-5
10個 ¥2,754,000 CX-5_BOSE装着車の詳細スペック・最新/最安中古車価格「いったいいくら?」を確認

最もリーズナブルなアクセラスポーツですと、新車ですら200万円台前半、中古なら100万円以下でBOSEのカーオーディオ装着車が買えてしまうことになります。 他のブランドでは、さすがにここまで低価格なBOSEサウンドシステムの提供はありません。 実はマツダ車には、価格的に最もお得にBOSEのカーオーディオが設定されているのです。

6位以下の詳細ランキングは下の表をご覧ください。
15Rank_V-Price_BS_Mazda

ちなみに、最近のマツダ車にはマツダコネクト(通称:マツコネ)と呼ばれる新しいカーインフォテイメントシステムが装備されています。 BOSE装着・非装着に関わらず、カーオーディオシステムのコントロールはこのマツダコネクトを介して行われます。

このマツダコネクトの最大の特徴は、下図のようなダッシュボードの最上面に配置された独立型のセンターディスプレイシフトレバー付近のコンソールに配置されたダイヤル等のコントロール装置により、運転中にディスプレイから情報を得る際の少ない視線移動とブラインド操作を実現し、より安全運転に集中できるようにしたということです。 そして、これらの装置構成に最適なインテリアデザインを採用により、いわゆる2DINナビの装着スペースは排除されました。

これは、例えば仮にBOSE非装着車を購入し、後から車の音質を向上させようと市販の高音質2DINナビ等をインストールするのは不可能であるということを意味します。 よって最新型アクセラ以降のマツダコネクト装備車において、”将来的に車の音質を向上させたい”とお考えの場合は、初めからBOSE装着車を選択されることをおすすめします。

 

日産純正のBOSE(ボーズ)サウンドシステム装着車とは

現時点で日産車に採用されている高級オーディオブランドはBOSEのみです。 マツダ同様、例えばトヨタが採用している”JBL”やスバルが採用している”ハーマンカードン”のオーディオは日産車には一切採用されていません。

またこちらもマツダ同様、日産は”BOSE”のオーディオを採用と 書きましたが、実は残念ながら全ての日産車に”BOSE”が装着されているわけではありません。 とは言え、現時点で10車種以上の日産車ラインナップに採用されており、マツダ同様他の国産自動車メーカーと比較すると高級オーディオを装着した車種の選択肢が多い方となります。 また、グレードによってはオプション装 備となりますので、そのような場合には日産車の中でもBOSEのオプション設定に該当する車種かつオプション装着した場合のみ”BOSE”装着となります。

ここでは、日産純正のBOSE装着車をコストパフォーマンスがいい順(=安く買える順)にランキング化してみました。

また、こちらに掲載している価格は現在日本で新車として販売されているもののオプション込の価格となりますが、中古車の在庫がありそうなモデルについては参考で中古価格が分かるリンクも付けました。

特筆すべきは電気自動車であるリーフにも、ちゃんとBOSEがオプション設定されているということです。 日産ブランドの環境イメージを担うリーフなので、燃費性能に直結する車の重量に対して明らかに重量増となるBOSEのオーディオ装着は考えようによっては相反するものです。 しかし、電気自動車を選ぶ人はオーディオにこだわりを持ってはいけないというのも変な話なので、日産のこの戦略はオーディオ好きのユーザー目線に立ったとても正しいものだと思います。

ちなみに、トヨタの環境イメージを担うクルマ、プリウスにも”JBL”オーディオのオプション設定があります。

車両メーカー・ブランド
車 名
スピーカー
装着個数
★新車★
最安価格
★中古車★
最安価格・最新詳細情報
(情報提供:カーセンサー)
1位 日産
リーフ
7個 ¥3,294,000- リーフ_BOSE装着車の詳細スペック・最新/最安中古車価格「いったいいくら?」を確認
2位 日産
ムラーノ
11 個 ¥3,865,320- ムラーノBOSE装着車の詳細スペック・最新/最安中古車価格「いったいいくら?」を確認
3位n 日産
スカイ
ライン
14 個 ¥3,979,800- スカイラインBOSE装着車の詳細スペック・最新/最安中古車価格「いったいいくら?」を確認
4位 日産
エルグ
ランド
13 個 ¥4,270,320- エルグランドBOSE装着車の詳細スペック・最新/最安中古車価格「いったいいくら?」を確認
5位 日産
スカイ
ライン
クロス
オーバー
11 個 ¥4,471,200- スカイラインクロスオーバーBOSE装着車の詳細スペック・最新/最安中古車価格「いったいいくら?」を確認

6位以下の詳細ランキングは下の表をご覧ください。
15Rank_V-Price_BS_NISSAN

 

BOSE(ボーズ)のサウンドシステム・スピーカー装着車[輸入車編]

ここでは、”BOSE”ブランドの高級オーディオ・スピーカーシステムの音を輸入車の中で聴く方法について書かせていただきます。 ”BOSE”はアメリカで誕生したブランドでありながら、その個性的で高度な技術が評価されアメリカのカーブランドであるキャデラック等にとどまらず、ヨーロッパのアウディやポルシェでも採用されています。

よって、”BOSE”の音を輸入車で聴くには、

  • アウディ・ポルシェ・キャデラック等の新車を買う
  • アウディ・ポルシェ・キャデラック等の中古車を買う

のどちらか2つから選ぶこととなります。

 

アウディ純正のBOSE(ボーズ)サウンドシステム装着車とは

アウディには”BOSE”のオーディオが設定されていますが、他のカーメーカー同様、全てのアウディ車に”BOSE”が装着されているわけではありません。

現在、アウディの高級オーディオシステムは以下4種類が存在します。 これは他のカーメーカーと比べても少し多い方なので、注意が必要です。

  • アウディサウンド オーディオシステム
  • BOSE オーディオシステム
  • バング&オルフセン オーディオシステム
  • バング&オルフセン アドバンスド オーディオシステム

要は、高級オーディオが装着されているBMWだからといって必ず”BOSE”が装着されているというわけではないのです。 特に日本へ導入されている車・グレードによっては、”BOSE”が全く設定されていない場合もあります。

ここでは、そのようなアウディ車の中からBOSE装着車を厳選し、コストパフォーマンスがいい順(=安く買える順)にランキング化してみました。

また、こちらに掲載している価格は現在日本で新車として販売されているもののオプション込の価格となりますが、中古車の在庫がありそうなモデルについては参考で中古価格が分かるリンクも付けました。

車両メーカー・ブランド
車 名
スピーカー
装着個数
★新車★
最安価格
★中古車★
最安価格・最新詳細情報
(情報提供:カーセンサー)
1位 アウディ
A1
14個 ¥2,660,000- A1_BOSE装着車の詳細スペック・最新/最安中古車価格「いったいいくら?」を確認
2位 アウディ
A1
スポーツ
バック
14 個 ¥2,860,000- A1_BOSE装着車の詳細スペック・最新/最安中古車価格「いったいいくら?」を確認
3位n アウディ
Q3
14 個 ¥4,020,000- Q3_BOSE装着車の詳細スペック・最新/最安中古車価格「いったいいくら?」を確認
4位 アウディ
S1
14個 ¥4,180,000- S1_BOSE装着車の詳細スペック・最新/最安中古車価格「いったいいくら?」を確認
5位 アウディ
S1
スポーツ
バック
14 個 ¥4,380,000- S1スポーツバックBOSE装着車の詳細スペック・最新/最安中古車価格「いったいいくら?」を確認

6位以下の詳細ランキングは下の表をご覧ください。 表をご覧いただくと分かるかと思いますが、アウディの非常にいいところは”BOSE”が単独のオプション装備として装着でき、革シートなど他のオーディオと関係ない装備とセット販売されていないところです。 よって、オプション価格はせいぜい10万円前後におさえられています。 また、A6以上等の高級車には”BOSE”が標準設定(=オプション価格:¥0-)となっています。15Rank_V-Price_BS_Audi

 

キャデラック純正のBOSE(ボーズ)サウンドシステム装着車とは

現時点でキャデラックに採用されている高級オーディオブランドはBOSEのみです。 マツダや日産同様、例えばトヨタが採用している”JBL”ブランドやスバルが採用している”ハーマンカードン”ブランドのオーディオはキャデラックでは一切採用されていません。 特に日本へ導入されている車・グレードは、”BOSE”が全て標準設定となっています。 もともとキャデラック自体がゼネラルモータースグループの中の最高級ブランドの位置付けである為、高級オーディオが標準設定となっているのかもしれません。

ここでは、そのようなキャデラックのBOSE装着車についてコストパフォーマンスがいい順(=安く買える順)にランキング化してみました。 こちらに掲載している価格は現在日本で新車として販売されているものの価格となります。

詳細ランキングは下の表をご覧ください。

15Rank_V-Price_BS_Cad

 

ポルシェ純正のBOSE(ボーズ)サウンドシステム装着車とは

現時点でポルシェに採用されている高級オーディオブランドはBOSEまたはブルメスターのみです。 マツダや日産同様、例えばトヨタが採用している”JBL”やスバルが採用している”ハーマンカードン”のオーディオは日産車には一切採用されていません。 特に日本へ導入されている車・グレードは、キャデラック同様“BOSE”が全て標準設定となっています。 もともとポルシェ自体高級ブランドですので、高級オーディオが標準設定となっているのかもしれません。

ここでは、そのようなポルシェのBOSE装着車についてコストパフォーマンスがいい順(=安く買える順)にランキング化してみました。 こちらに掲載している価格は現在日本で新車として販売されているものの価格となります。

詳細ランキングは下の表をご覧ください。

15Rank_V-Price_BS_Por

 

BOSE(ボーズ)サウンドシステム装着車のお得な購入方法

高音質なBOSEのサウンドシステムが装着されている車ならではの大きなメリットとして、

  • 毎日、車に乗るたびに高音質を楽しめる(→音質の悩み解消
  • BOSEのエンブレム・ロゴが装着など”見た目”の満足感もある
  • 人とは違ったこだわり装備の車に乗っているという満足感・所有欲が満たされる

などがあります。

しかしながら、購入時にその分の装備費用が必要となります。(特にいくつかの他の装備と抱き合わせでセットオプションの場合、追加費用は大きくなります・・・)

そこで以下の通り、私自身も車両購入の際に実際行っている“高音質なカーオーディオ装着車をお得に購入する3つのおすすめ方法”をまとめてみました。

  • 下取り車がある場合は下取り価格を高くする交渉・買取り店への売却を検討
  • 2019年10月予定の消費増税(8→10%)前に余裕を持って購入
  • BOSEなどのオプション装備装着車は出回る中古車の数が少ないので、新着車・価格をネットでこまめにチェック

 

下取り価格を高くする交渉・買取り店への売却を検討

お得に車を購入する方法の中でも、最も分かりやすく価格差が出てしまうのが、

  • 下取り価格を高くする交渉
  • 下取りではなく車買取り店の利用

の2つです。

実際、私もこれまで3回クルマを買い替えた経験がありますが、

  • ディーラーへの「下取り車の価格、これ以上高くならですかね?」という交渉
  • 車買取り店への見積依頼(最終的にディーラー下取りにした場合だとしても)

だけは毎回行ってます。 そして偶然なのか3回とも最初のディーラー下取り提示価格よりも車買取り店の価格の方が10~20万円程度高いという経験をしています。 逆に言えば、少し面倒とは言え、買取り店で見積を取っておかないと10~20万円損してしまう場合もあるってことなんです。。。

ちなみに過去私が乗換等で売却した車のディーラー下取りと買取り店の差額は以下の通りです。

  • 旧型トヨタソアラ(走行13万km)→買取り店の方が10万円高い。が、めんどくさかったのでディーラーで下取り(後に後悔(笑))。
  • 旧型トヨタヴィッツ(走行7万km)→買取り店の方が15万円高い。が、ディーラーと再交渉したら20万円追加値引きしてくれたので下取り。
  • レクサスCT200h(走行5万km)→買取り店の方が17万円高い。ディーラーと再交渉するも結果変わらずで、そのまま買取り店で売却。

過去私が手放した旧型トヨタソアラの場合は年式古く不人気の2ドアクーペだったので10万円の価格差でしたが、もしもSUV・ミニバンなどの人気車リセールバリューの高い車であれば、場合によっては想像以上の買取り高値がつくこともあります。

仮に最終的に買取り店で売却しないとしても買取り店での自車の買取り価格を知っておくということは、

  • ディーラーで下取り金額UPの交渉材料として使える
  • ディーラーで値引き+下取り合わせてUPの価格交渉ができる

と、ディーラー交渉時の強い武器となります。 ディーラー交渉の結果、

  • ディーラーで納得いく下取り価格が得られた場合 → 買取り店での売却はキャンセルしてディーラーで下取り
  • ディーラーで納得いく下取り価格が得られない場合 → 新しい車はディーラーから買う場合でも前の車は調べておいた買取り店へ売却

と、すればよいのです。 できる限り納得いく買い物をしたい私は、毎回この方法を利用し、ディーラーでの下取り価格をアップ(市場の適正価格に)させることに成功しています。

ちなみに特に、ディーラーでの下取りよりも買取り店を利用するのがおすすめの場合としては、

  • 軽自動車・SUV・ミニバン等の人気のカテゴリーの車を売却する場合(市場での流通性が良く高値が付く確率が高い)
  • ホイール・ナビ交換等の社外品カスタマイズありの場合(下取りの場合は純正品以外はマイナス評価)
  • 手続きが多少手間でも買取り価格は高い方が納得できる場合(販売店だけでなく買取り店でも手続きが必要)

です。 上記3つの項目に1つでもあてはまる場合は、自分のクルマの買取り価格の確認だけはしておかないと、数万円単位の損につながる可能性があります。

ここで、ためしに今時点の自分のクルマの価格を調べるには、状況に応じて以下2つの方法を使い分けるのがおすすめです。

  • 時間・手間をかけずまずは大手1社の情報で確認 → 自分の車の現状最新価格を確認(情報提供:ガリバー)
  • 多少時間をかけてでも数社の中から一番高く買取る店を探す → 自分の車の現状最新価格を確認(情報提供:カーセンサー)

どちらの方法も無料です。 自車の買取り価格を知っておくということは、次の車を選ぶ時にどれだけ購入資金の足しにできるかの目安にもなります。 仮に今すぐ車を買い替える予定が無くても、現時点の買取価格+今後の価格変動相場を知っておくことは、買い替えタイミングを考える上でも、十分に意味があることと言えます。

 

消費増税前に余裕を持って購入する

2014年1~3月の駆け込み需要(消費税5→8%直前)は記憶に新しいですが、たとえ新車でもよほどの不人気車でない限り、増税前は早めに申し込みを行わ ないと納車・登録が増税後となり、10%の消費税を支払うことになってしまいます。

特に、BOSEなどのカーオーディオ指名買いの中古車となると、出回っている中古車のタマ数が想像以上に少ないため、探す期間を長めに確保する必要があります。 よって中古車の場合は、すぐには買うつもりが無い場合であっても、事前準備も兼ねてできる限り早めに探し始めるのがおすすめです。

 

高音質オーディオオプション装着車は出回る中古車の数が少ないので、新着車・価格をネットでこまめにチェック

次に中古車で買う場合ならではのポイントです。 実は中古車のオプション装備価格は、カーメーカーがマーケティング戦略で値段を決める新車と違って市場ニーズそのもので決まります。 早い話が、サンルーフなどの人気オプションは新車時とオプション価格が大きく変わらないのに対し、BOSEサウンドシステムのようなマニアックなオプションは需要が少なければ、新車時より価格が大きく下がるのです。

しかし、マニアックなオプション装備はマニアックである分、市場に出回る中古車の数がとても少ないです。

よって、新着の中古車や価格の変動をネット等で頻繁にチェックし、自分の希望スペックに対して70~100%当てはまると思ったら、すぐに中古車販売店に仮押さえを依頼するくらいのスピード・行動力が武器となります。 レアで条件のいい車ともなるとホントすぐに買い手がついてしまいます。 私自身が購入した際、3ヶ月粘りましたが実は100%希望の車は現れないと判断し、実は最終的にボディーカラーについては希望の白色をあきらめグレー色で妥協しました。(もちろんオーディオ装備は一切妥協無しです)

このように、ある程度の期間こまめに情報チェックしていると、希望スペックを80%満足するレベルの車すらかなりレアな掘り出し物なのか、希望スペックを100%満足するレベルの車が十分出てきそうなのかの肌感覚がつかめてきます。

ためしに最新の中古車在庫を調べてみる場合は、全国20万台から中古車検索(情報提供:カーセンサー)または毎日約500台入荷・中古車検索(情報提供:ガリバー)へどうぞ。 もちろん無料です。 音がいい車に特化した中古車の探し方をあらためて知っておきたい方は、こちら”音がいい車のかしこい探し方[中古車・探し方詳細編]“の記事に概要をまとめましたのでご参考にどうぞ。

 

今回紹介させていただいた“BOSE(ボーズ)”ブランド以外の高級カーオーディオブランドについても以下の記事にまとめましたので、もしよろしければご参考にどうぞ。

おすすめ記事

関連記事

car-oldnew-new

純正高音質カーオーディオ装着車を新車で買う3つのメリット

誰でも簡単に高音質を手に入れることができる純正高音質カーオーディオ装着車。 その純正高音質カーオーデ

記事を読む

car-catalog-audio-car

純正品という選択!日本で買える純正高音質カーオーディオ装着車とは?

ここでは、純正高音質カーオーディオシステム装着車とは何か?について書かせていただきます。 あく

記事を読む

600x600AL_VEL_JBL_HR

新型アルファード、ヴェルファイアのJBLスピーカーの実力とは?

2015年にフルモデルチェンジした新型アルファード、ヴェルファイアには、2種類のスピーカーシステムが

記事を読む

Hi-res_source_ranking

買ってよかったハイレゾ音源おすすめランキング

少しずつ世の中に浸透し始めたハイレゾ音源ですが、CDやハイレゾではない音楽配信サービスと比べるとまだ

記事を読む

Car-Rank_vehicle_Price_Lexus

高音質スピーカー搭載!音がいい車おすすめランキング[レクサス編]

音楽が好きな人なら、「スタイリングや快適性・走りも大切だけど、どうせクルマを買うなら、"音がいいクル

記事を読む

PC用336×280

  • 名前:車と音楽大好き人間 KYO
    職業:カーオーディオ開発暦10年
    ※プロフィール詳細はこちら
  •  フォローいただけると、最新情報をお知らせ致します。

    Facebook 公式ページ
    ※リニューアルしました! 詳細はこちら

    著者KYO アカウント
    ※ Twitterはじめました! 詳細はこちら

PAGE TOP ↑