カーオーディオ開発者が本気で書いたノウハウまとめサイト”music-lifestyle net”へお越しいただきありがとうございます!

Bluetooth接続カーナビへのタイトル曲名/アートワーク画像表示方法

  • 2021年5月16日
  • 2021年6月21日
  • Bluetooth
  • 922View

車の中で音楽を聴く時、Bluetooth(ブルートゥース)でカーナビ/カーオーディオとスマホを接続されてる方は多いと思います。

Bluetoothのオーディオ接続機能を使えば、簡単にスマホの音楽を車のスピーカーで聴くことができます。

そしてさらに、Bluetoothの設定/調整を正しく行うことで、単に音楽を聴くだけでなく、カーナビ/カーオーディオ画面にタイトル曲名/アーティスト名/アートワーク(カバーアート)画像を表示させたり、聴きたい曲のリスト検索を快適に行えるようになります。

Bluetoothでカーナビにタイトル曲名/アートワーク画像取得する方法のイメージ

よってここでは、スマホの音楽をカーナビ/カーオーディオで聴く場合などによく使われるBluetooth接続で、タイトル曲名やアートワーク画像の情報を取得して画面表示するために必要な条件Bluetoothプロファイルのバージョン等)と具体的な対応方法を説明していきます。

iPhoneやアンドロイドなどのスマホやウォークマンでBluetoothオーディオの機能を使われている方で、音楽自体はちゃんと聴けるのに

  • タイトル曲名/アーティスト名/アルバム名などが画面表示されない
  • アルバムアートワーク/アートワーク画像画面表示されない
  • 曲リスト検索/選曲操作ができない

などの症状で困っている方は、原因と対策が分かると思うので、参考になるのではないかと思います。

PR

Bluetooth(ブルートゥース)とは?

念のため最初にBluetooth(ブルートゥース)とは何かについて、簡単に書かせていただきます。

Bluetoothとは、一言で言うとWi-Fi(ワイファイ)などと同じ無線通信技術の規格の1つです。 iPhoneやアンドロイドスマホ/タブレット/ウォークマンなどの音楽プレーヤーと、カーナビ/カーオーディオ/イヤホン/ポータブルスピーカーなど様々なBluetooth対応機器どうしをケーブルを使わずに無線でつなぐことができます。

ペアリングという初期設定を最初に1回行うだけで、2回目以降は対応機器どうしを数メートル以内に近づけるだけで自動的に無線接続してデータのやりとりが行えます。

ちなみに、手持ちの機器どうしをケーブルで接続する代わりに無線で接続するだけなので、Bluetoothでどれだけ多くの通信量をやり取りしても通信料金は発生しません。

 

Bluetoothでカーナビ画面に曲名表示/アートワーク表示は可能

iPhoneやAndroidなどで音楽を聴く場合、スマホの画面には「タイトル曲名/アーティスト名/アルバム名/アートワーク(カバーアート)画像」が当たり前のように表示されているかと思います。

下図は私のスマホで音楽再生アプリRocket Playerを使用している場合の例です。

スマホ画面のタイトル曲名/アートワーク画像表示

左側のアプリ一覧からRocket Playerを起動すると、右側の再生画面のように、「曲名/アーティスト名/アルバム名/カバーアート画像」を表示させることができます。

この状態でスマホをカーナビ/カーオーディオとBluetooth接続した場合、うまくいくと下図のように「曲名/アーティスト名/アルバム名/アートワーク画像」の情報を取得して画面表示させることが可能です。

カーナビ画面のタイトル曲名/アートワーク画像Bluetooth接続表示(VW Discpver Pro3の例)

上図はVW(フォルクスワーゲン)の純正オーディオDiscover Pro3(MIB3)の最新版での表示例ですが、全てのカーナビ/カーオーディオで上図のようにうまく表示できるとは限りません。

では、どのような条件がそろえば、どのように設定すれば、上図のようにいい感じに「曲名/アーティスト名/アルバム名/アートワーク画像が表示が可能か?」について、次章より順に書かせていただきます。

 

Bluetoothでオーディオ機能を使うためのプロファイル

カーナビ/カーオーディオで使われるBluetoothプロファイル

スマホやウォークマン等のポータブル音楽プレイヤーとカーナビ/カーオーディオの両方が同じプロファイルに対応している場合のみその機能を使用することができます。 例えば下図は、トヨタハリアーの純正カーナビの対応プロファイル一覧です。

カーナビの対応ブルートゥースプロファイル表示(トヨタハリアー)

車の中でよく使われるプロファイルは以下の通り4つほどあります。

  • HFP(Hands-Free Profile):車に搭載されているスピーカー・マイクを使ってハンズフリー電話と電話の発信着信を行う
  • PBAP(Phone Book Access Profile):スマホ・携帯電話から電話帳のデータを転送・同期してカーナビ・カーオーディオの画面等から電話できるようにする
  • A2DP(Advanced Audio Distribution Profile):ハンズフリー電話よりはそこそこ高音質な音をカーオーディオ(カースピーカー含)に伝送する
  • AVRCP(Audio/Video Remote Control Profile):オーディオ関連の機能として曲の再生/停止等の操作情報や曲のタイトル名/アートワーク画像等を伝送する

最新のカーナビ/カーオーディオであれば、上記全てのプロファイルに対応している場合が多いですが、

  • 5~10年以上前の少し古めのBluetooth対応カーナビ・カーオーディオ
  • Bluetooth非対応カーナビ接続へのBluetoothレシーバー経由接続

においては、全てのプロファイルに対応していない場合が多いです。

古めのカーナビ・カーオーディオの場合はHFP(Hands-Free Profile)のみの対応、Bluetoothレシーバー経由接続の場合はA2DP(Advanced Audio Distribution Profile)のみの対応が一般的です。

ちなみにスマホ側は、わりと古い機種であっても基本的に上記全てのプロファイルに対応しています。

また、特にこれらの中でBluetoothオーディオで使われるプロファイルは後半の2つ、A2DPとAVRCPとなります。

 

Bluetoothオーディオプロファイル:A2DP(音楽信号送受信)

まず、Bluetoothオーディオの基本となるプロファイルが、A2DP(Advanced Audio Distribution Profile)です。

音楽信号そのものを無線信号化し、伝送/受信するためのプロファイルです。

どちらかと言うとA2DPそのものより、無線伝送時の音楽圧縮に使われるコーデックの種類が音質に直接影響するため、よく注目されます。

代表的なBluetooth A2DPコーデックとビットレートは以下の通りです。

  • A2DP(SBC)接続事実上64~約200kbps(理論上は最大328kbps)
  • A2DP(AAC)接続事実上64~320kbps
  • A2DP(apt-X)接続最大384kbps
  • A2DP(apt-X HD)接続最大576kbps
  • A2DP(HWA)接続最大900kbps
  • A2DP(LDAC)接続最大990kbps
  • CD(-DA):1,411kbps

よく見るとお分かりいただけると思いますが、現時点で最強音質のコーデック「LDAC」でもCDよりもビットレートが低いため、音質もCD同等またはそれ以下と考えるのが妥当です。

 

Bluetoothオーディオプロファイル:AVRCP(曲名/アートワーク情報取得表示)

次にBluetoothオーディオで使われるもう1つのプロファイルが、AVRCP(Audio/Video Remote Control Profile)です。

こちらは、曲の再生/停止等の操作情報や曲名/アートワーク画像等のメタ情報を伝送/取得表示するためのプロファイルで、様々な機能を持つため、新しいバージョンであるほど新しい機能に対応していると考えて問題ありません。

次章より詳しく説明します。

 

Bluetooth AVRCPバージョン別対応機能(取得可能情報)一覧

下表は、 AVRCPバージョンと対応している機能(取得できる情報)の一覧です。

右に行けば行くほど新しいバージョンなので、その分多くの機能に対応していることがお分かりいただけると思います。

AVRCPバージョン
1.0 1.3 1.4 1.6
音楽

情報
曲名 ×
アーティスト名 ×
アルバム名 ×
フォルダ名 × ×
アートワーク画像 × × ×
音楽

制御
再生
停止
曲リスト検索 × ×

表の内容を簡単にまとめると、

  • AVRCP v1.3以降→ 曲名/アーティスト名/アルバム名表示可能
  • AVRCP v1.4以降→ 曲リスト検索可能
  • AVRCP v1.6以降→ アートワーク画像表示可能

と言うことになります。

 

Bluetooth AVRCPバージョン1.6以降でカバーアート画像表示可能

Bluetooth SIG(Special Interest Group)という、Bluetooth標準規格の開発/制定や商標/ライセンス管理を行う標準化団体のホームページから、Bluetoothプロファイルの詳しい仕様が確認できます。

例えば、下図のようにAVRCP(Audio/Video Remote Control Profile)など、各プロファイルについては、バージョン毎に仕様書をダウンロードできます。

Bluetooth規格標準化団体のホームページ

下図がダウンロードした、Bluetooth AVRCPの仕様書の抜粋ですが、「バージョン1.5から1.6の変更点」として、「カーバーアート(アートワーク):画像送信に対応」と書かれています(赤枠部分)。

Bluetooth AVRCPの仕様書

 

Bluetoothでカーナビ画面に曲名表示/アートワーク表示させる方法

今回説明させていただくBluetooth接続時のカーナビ/カーオーディオ画面への曲名表示/アートワーク画像表示は、以下のハードウェア環境で行いました。

  • スマホ:アンドロイドスマホGalaxy S20、Galaxy S8
  • ウォークマン:NW-ZX507
  • カーナビ:ダイヤトーンサウンドナビ、VW純正ナビDiscover Pro 3

 

スマホ側のプロファイル設定方法

スマホの設定としては、AVRCPのバージョンをなるべく最新に設定しておきます。

 

AndroidスマホのBluetooth AVRCPバージョン設定方法

Bluetooth AVRCPのバージョン確認/変更は通常モードでは表示されないため、まずはディベロッパー(開発者)モードに変更します。

「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア情報」の順にタップして進みます。

AndroidスマホのBluetooth AVRCPバージョン設定方法01

次に、「ソフトウェア情報」の中の「ビルド番号」と書かれた部分を7回タップします。

すると「ディベロッパーモードが有効になりました。」と表示されます。

「設定」画面まで戻ると、「端末情報」の下に先ほどまで無かった「開発者向けオプション」というメニューが出現します。

AndroidスマホのBluetooth AVRCPバージョン設定方法02

続いて、「開発者向けオプション」をタップして進み、下の方までスクロールすると、「Bluetooth AVRCP バージョン」というそのものズバリの設定メニューが現れます。

タップして進むとバージョンが選択できるので、最新バージョン(2021年現在は「v1.6」)を選択します。

AndroidスマホのBluetooth AVRCPバージョン設定方法03

Bluetooth AVRCP バージョンは基本的に下位互換あり(下のバージョンに対して上のバージョンが互換性あり)なので、最新バージョンにしておけば問題無です。

お使いのスマホ環境やカーナビ/カーオーディオ環境によっては、広く使われているバージョン「1.4」に設定しておいた方が確実に曲名表示等できる場合もあるようですが、私の環境ではバージョン「1.6」に設定したスマホで、古いバージョン「1.5」のカーナビと問題無く使用可能でした。

もしも、バージョン「1.6」にしたら曲名すら表示されなくなったという場合はバージョン「1.4」に戻せば問題無しです。

 

音楽アプリ等スマホ側の環境設定の注意点

私の使用環境で確認した限りの情報となりますが、使用してみた全ての音楽アプリで「曲名/アーティスト名/アルバム名」の表示は可能でした。

しかし、「曲リスト検索」は使う音楽アプリによって、できる場合とできない場合がありました

簡単にまとめると、

  • Samsung Galaxy Music :曲リスト検索対応
  • Google Play Music (旧バージョン):曲リスト検索対応
  • YouTube Music:曲リスト検索対応不可
  • Rocket Player:曲リスト検索対応不可
  • ONKYO HF Player:曲リスト検索対応不可
  • Pulsar:曲リスト検索対応不可
  • Amazon Music:曲リスト検索対応不可
  • Spotify:曲リスト検索対応不可

となりました。

ダイヤトーンサウンドナビの場合、曲リスト検索対応可能な場合、下図のように「Music Search」というボタンが表示されます。

Bluetooth曲リスト検索可能時のMusic Searchボタン(ダイアトーンサウンドナビ)

ちなみに対応不可の場合、下図にように右側に何もボタンが表示されないようです。

下図の例では、「曲名/アーティスト名/アルバム名」まではちゃんと表示(AVRCP v1.3のレベル)されています。

ダイヤトーンサウンドナビ自体は、AVRCP v1.5なので、「曲リスト検索」までは、ある程度アプリによらず対応して欲しいとこです。

Bluetooth曲タイトル/アーティスト名表示(ダイアトーンサウンドナビ)

ちなみに、AVRCP v1.0以下の音楽再生アプリのアップデートを実施せず放置してたりすると、「曲名/アーティスト名/アルバム名」すら表示されない下図のような事態になります。

ちなみに、音楽はA2DPを使い、問題無く流れています。

Bluetooth曲タイトル/アーティスト名不可能表示(ダイアトーンサウンドナビ)

スマホ側でAVRCPを最新バージョンに設定しているにもかかわらず、曲名タグやカバーアート画像の表示や曲リスト検索ができない場合は、音楽再生アプリの変更を試してみるのもよいかもしれません。

実はBluetooth接続中にスマホで使う音楽アプリによって曲検索の可否以外にも再生出力時の音質等々様々な違いがあります。

こちら”車のBluetooth接続音楽アプリの選び方“の記事で個人的に使ってみておすすめと感じた10個ほどの音楽アプリについて、それぞれBluetooth接続した場合の様々な違いについて比較検証してみました。

もしよければ合わせてご参考にどうぞ。

関連記事

車の中でスマホの音楽アプリを使う場合、Bluetooth(ブルートゥース)接続を使われている方は多いかと思います。 実はスマホやウォークマンで音楽再生を行う音楽アプリは、そのアプリの種類によって同じBluetooth接続環境でもできる[…]

 

カーナビ/カーオーディオ側のプロファイル設定方法

結論から言うと、カーナビ/カーオーディオ側の設定変更はは一般的に不要です。

唯一やるべきことは、お使いのカーナビ/カーオーディオがBluetooth AVRCPのどのバージョンまで対応しているか調べることです。

カーナビ/カーオーディオの取扱説明書等に記載されている場合が多いです。

Bluetooth AVRCP対応バージョン記載(カーナビ取扱説明書)

上図は、私が使用しているダイヤトーンサウンドメモリーナビの場合の例ですが。

右側に記載の通り、「AVRCP v1.5」までしか記載されていません。

つまり、ダイヤトーンサウンドナビNMZM-W66DはAVRCPバージョン1.6以上には非対応ということになり、どうがんばってもアートワーク画像の表示は不可能なことが分かります。

逆に、曲名表示やアルバムリストからの選曲なら可能なことが分かります。

次に現時点で最新のAVRCP v1.6への対応例として、VWの純正オーディオDiscover Pro3(MIB3)の最新版(下右図)を確認しまています。

2021年春に発売されたマイナーチェンジ後の新型Tiguanにはこちらのオーディオが装着されていました。

ちなみに、うちのマイナーチェンジ前Tiguanの純正オーディオでは正しくアートワーク表示ができません(下左図)。

新旧Tiguan純正オーディオのBluetoothアートワーク表示

画像だけは表示されていますが、よく見ると正しいアートワーク表示ができない場合の仮画像が表示されています。

 

主なカーナビのBluetooth AVRCPコーデックバージョン情報

最後に代表的なカーナビの Bluetooth AVRCP コーデックバージョン及びA2DPコーデック一覧表です。 A2DPコーデックは音質に関するプロファイルなのでタイトル曲名やアーティスト名表示には直接関係ありませんが、参考で記載します。

Bluetooth
対応機器
(カーナビ)
AVRCP
version
(参考)
A2DP:
SBC
(~
約200
kbps)
(参考)
A2DP:
AAC
(~
320
kbps)
(参考)
A2DP:
LDAC
(~
990
kbps)
Pioneer CyberNavi

AVIC-CW911
AVIC-CZ911
1.4
Panaconic Strada

CN-F1X10BLD
CN-F1X10LD
非公開 非公開
KENWOOD 彩速ナビ

MDV-M807HDW
MDV-M807HD
非公開
KENWOOD 彩速ナビ

MDV-S708W
MDV-S708
非公開
三菱電機
DIATONE SOUND.NAVI

NR-MZ300PREMI
NR-MZ200
1.4
その他一般的な
Bluetooth対応ナビ

市販カーナビは、対応しているAVRCPバージョンをメーカーが明言しておらず非公開の場合もありますが、最新モデルあれば基本的にはバージョン1.4以上の場合が多く、タイトル曲名やアーティスト名表示にはほぼ対応していると考えられます。

ただし、アートワーク画像表示対応のバージョン1.6にまで対応しているカーナビはまだまだ少ないものと思われます。 私自身、Bluetoothによるカバーアート画像表示機能は、VW(フォルクスワーゲン)純正ナビのDiscoover Pro3の最新版でしか確認できていません。

 

Bluetoothでカーナビ画面にタイトル曲名/アートワーク表示させる方法まとめ

最後に、Bluetoothでカーナビ/カーオーディオにタイトル曲名やアートワーク画像を取得し画面表示する方法をまとめると、以下のようになります。

  • スマホのBluetoothプロファイル AVRCPのバージョンを最新に設定(2021年現在バージョン1.6)
  • カーナビ/カーオーディオが対応しているBluetoothプロファイル AVRCPのバージョンを理解
  • Bluetoothプロファイル AVRCPバージョン1.3以上で「タイトル曲名/アーティスト名/アルバム名」表示可能
  • Bluetoothプロファイル AVRCPバージョン1.4以上で「曲リスト検索」可能だが音楽アプリによって非対応
  • Bluetoothプロファイル AVRCPバージョン1.6以上で「アートワーク(カバーアート)画像」表示可能

Bluetooth機能付きのカーナビ/カーオーディオをお使いの方は、今よりも快適にBluetoothが使えないか設定を確認されてはいかがでしょうか?

 

PR
最新情報はツイッターからご確認いただけます