*

車でスマホとカーナビをAUX接続して音楽を聴く方法と6つのメリット

公開日: : 最終更新日:2018/06/29 AUX, カーナビ, ハイレゾ

車でドライブ中に音楽を聴く場合、どのような方法を利用されているでしょうか?

CD・ラジオ・カーナビ内蔵ミュージックサーバーやスマホの活用など音楽鑑賞のスタイルは人それぞれだと思います。 ただし、最近はスマホの普及に加え、音楽のインターネット配信・購入や音楽聴き放題サービスの拡大により、スマホを使って音楽を聴く人々が急速に増えつつあります。

車でスマホとカーナビをAUX接続する方法イメージ

ここでは、スマホとカーナビ・カーオーディオを接続する最も定番かつ簡単な方法の1つであるAUXケーブルステレオミニプラグケーブル)を使用したAUX接続について、具体的な接続方法と、実は全てはあまり知られていないAUX接続ならではの6つのメリットについて、書かせていただきます。

車でスマホとカーナビをAUX接続して音楽を聴く方法

1.AUXケーブルをAUX OUT端子(スマホ側)とAUX IN端子(カーナビ・カーオーディオ側)に挿す

スマホからカーナビ・カーオーディオにAUX接続で音楽再生する方法の図

AUX接続で音楽を聴くには、iPhone等のスマホやウォークマン等のポータブル音楽プレイヤーのヘッドホンアウト端子やAUX OUT端子とカーナビ・カーオーディオのAUX IN端子AUXケーブルステレオミニプラグケーブル)で接続します。

AUXケーブルさえ準備できていれば、あとは挿すだけのとても簡単な方法です。 ちなみに、そもそも”AUXとは何か?”を知りたい方は、こちら”AUXとは?AUX端子用ミニプラグには12種類以上もの規格があった“の記事に詳しくまとめましたので、合わせてご参考にどうぞ。

まずスマホ・ポータブル音楽プレイヤー側のAUX OUT端子は、iPhone 7以降(iPhone 8・iPhone X)やXperia XZ2シリーズ以降のAUXジャック(アナログイヤホンジャック)非対応機種を除き、スマホ・ポータブル音楽プレイヤーの側面に直径3.5mmタイプのステレオミニジャックとして装備されています。 また、AUX非対応のiPhone 7以降はヘッドフォンジャックアダプタを使用することでAUX OUT端子に対応させることができます。

下図は上からハイレゾウォークマン、iPhone6、代表的なアンドロイドスマホである Galaxy S8、Xperia Z3のAUX OUT端子の例です。 赤い丸をつけた穴にAUXケーブルを挿します。

iPhone等スマホのAUX OUT+イヤホン出力端子

仮に説明書等にAUX OUT端子との記載がない場合でも、下図のように通常イヤホンを挿す穴にイヤホンの代わりにAUXケーブルを挿すとAUX接続することができます。 イヤホンに送っていた音楽信号が、そのままAUXケーブル経由でカーナビ・カーオーディオに送られるとシンプルに考えればよいのです。

AUXケーブルの選び方などAUXケーブルについてさらに詳しく知りたい方は、こちら”知っておきたい車のAUXケーブルの選び方“の記事もご参考にどうぞ。

ハイレゾウォークマンのAUX OUT+イヤホン出力端子

次にカーナビ・カーオーディオ側のAUX IN端子も、ほとんどが直径3.5mmタイプのステレオミニプラグ(1個の端子で3極または4極の信号に対応)です。

ミニステレオプラグは、

  • カーオーディオ・カーナビの操作パネル周辺
  • グローブBOX(助手席正面の小物入れ)の中
  • センターコンソールBOXの中・周辺

などに設定されている場合が多いです。

コンソールBOXの中にある場合のAUX IN端子の例です。 緑色の穴の部分です。

車側コンソールBOX設置のAUX IN端子の図

グローブBOXの中にある場合のAUX IN端子の例です。 左側のケーブル先が少し太くなっている部分です。

車側グローブBOX設置のAUX IN端子の図

オーディオ操作パネル下・センターコンソール付近にある場合のAUX IN端子の例です。 充電等で使用するシガーソケットと並んで設置されてます。

車側センターパネル設置のAUX IN端子の例

車メーカーの純正オプションでは無く販売店やカー用品店で販売されている後付けのオーディオでは、下の写真のようにカーオーディオの操作パネルの中に設置されている場合が多いです。

車側カーオーディオパネル設置のAUX IN端子の図

 

2.カーナビ・カーオーディオ側の入力・ソース切替を”AUX”にする

次にカーナビ・カーオーディオ側のソース・モードがラジオ・TV・CD・オーディオOFF等AUX入力モード以外の場合は、AUX入力モードに切替ます。

カーナビ・カーオーディオのソース選択でAUXモード切替

カーナビ・カーオーディオの機種によっては、AUX IN端子にケーブルが挿された時点でAUX入力モードに切替される場合もあります。

また、AUX IN端子にケーブルが挿さっていない状態ではAUX入力モードが選択できない場合もあるので、基本的にはAUX IN端子にケーブルを挿した後でモード切替を行うのがおすすめです。

 

3.スマホ・音楽プレイヤー側の音量レベルを最大にする

ハイレゾウォークマンの音量調整画面

カーナビ・カーオーディオがAUX入力モードになるといよいよスマホやポータブル音楽プレイヤー内の音楽を車内のスピーカーから聴く準備がほぼ完了です。 ただしこの時、スマホやポータブル音楽プレイヤー等ポータブル機器側の出力音量が調整できる場合は最大音量にしておくのがおすすめです。

カーナビ・カーオーディオに対してAUX入力接続する場合、基本的に音楽信号はアナログ信号なので、カーナビ・カーオーディオに音が届くまでのAUXケーブル伝送中に音楽信号に対してノイズが乗ってしまう可能性があります。 よって、なるべくノイズが乗らないようにSN比(ノイズに対する希望音楽信号の割合)を良い状態に保つのがおすすめです。

ここで”SN”比と言っている部分の”N”は、ホワイトノイズと呼ばれる音楽が流れていない無音時orかなりの小音量でないと分からないものの、完全には消すことのできない「サー」「ジー」といった感じのノイズです。

つまり、スマホ・ポータブル機器から出力する音楽信号のレベルを最大にすることで、最終的にAUXケーブル伝送中のノイズに対し相対的にSN比を良くするのです。

例外として、ライン出力しかできないポータブル機器でそもそも出力音量を調整できない場合や、ポータブル機器内蔵のアンプよりもカーオーディオ側のアンプの方が明らかに高音質である場合は、AUXケーブル伝送中のSN比低下がほとんどない前提で、出力音量を最大にしないという選択肢もアリです。

 

4.カーナビ・カーオーディオ側でDSP音質調整するならスマホ・音楽プレイヤー側はDSP音質調整OFF

最後にDSP音質調整に関する設定確認を行います。 これが終わればスマホやウォークマンとカーナビ・カーオーディオのAUX接続に関する全ステップが完了です。

カーオーディオに限らず、スマホやiPod・ウォークマンなどの全ての音楽メディア再生機器には、

  • イコライザー調整機能
  • 様々なサウンドエフェクト付加機能

などのDSPによる様々な音質調整機能が搭載されていることが多いです。

以下、カーナビ・カーオーディオDSPの音質調整画面とポータブル機器(ソニーハイレゾウォークマン)のDSP設定画面の一例です。

カーオーディオのDSP設定画面

ハイレゾウォークマンのDSP設定画面

これらの機能で音質を調整することにより、自分好みの音質を得ることができますが、カーナビ・カーオーディオとスマホ・音楽プレイヤーを接続する際は、使い方に以下2つの注意が必要です。

  • DSP機能をポータブル機器側とAUX端子入力後のカーオーディオ側との両方で2重に使用しない
  • DSP機能はできる限り後段であるカーオーディオ側のみで使用する

理由は、DSPによる音楽信号処理機能は音質に大きな変化をもたらしますが、

  • 各機器それぞれ単独での使用を想定して設計されており2重に使用した場合の音質は設計想定外

また、DSP信号処理はアンプによる音量調整にも関係しており、例えば一部のサウンドエフェクト機能は音量レベルによってエフェクト効果量を変化させる等の自動調整機能が組み込まれている場合があるため、

  • 音量調整で支配的なAUX端子入力後の後段側での使用がより自然に狙い通りの効果を得やすい

となるからです。

ただし、最終的に実際自分自身で各機器側のDSP音質設定変更を試してみて音質的に違和感が無ければ、好きなように使用して問題ないです。

実際に私が行っているDSP音質調整の例として、スマホ・音楽プレイヤー側のDSP音質設定は最小限になるよう気を使いながらも、

  • スマホ側(ハイレゾウォークマン or Xperia):DSEE-HX “ON”、それ以外全て “OFF”
  • カーナビ側(Lexus IS Mark Levison):Tre+0/Mid+0/Bass+1、それ以外全て “OFF”

と、実はわずかにDSP音質調整を2重に使用してます。

 

車でスマホとカーナビをAUX接続する6つのメリット概要

車内でスマホやポータブル音楽プレイヤーとカーナビ・カーオーディオをAUX接続すると得られるメリットは以下6つです。

  • とにかく接続方法がシンプルで簡単
  • 音楽信号の劣化がほぼ無いのでいい音質が維持可能
  • 汎用性が高くスマホ側/カーナビ・カーオーディオ側共に対応機器が多い
  • スマホ内の音楽ライブラリを車のスピーカーから再生可能
  • カーナビ・カーオーディオがハイレゾ非対応でもハイレゾ音源再生可能
  • 音楽聴き放題サービスやRadikoなどスマホならではのコンテンツを車のスピーカーから再生可能

以上6つのメリットについて次章より、

  • AUX接続全般のメリット
  • 音楽再生に関するAUX接続のメリット

の2つに分類して詳しく説明していきます。

 

AUX接続全般のメリット

とにかく接続方法がシンプルで簡単

AUX接続することのメリットは、何といっても”高音質とお手軽さ“です。

また、接続の手間もスマホ等のポータブル機器にヘッドホンケーブルをつなぐ感覚で、車につなぐだけです。 音楽信号もアナログ信号の為、デジタル信号のようなクロック同期や通信設定等、複雑な初期設定は不要です。

 

音楽信号の劣化がほぼ無いのでいい音質が維持可能

音質としては、ケーブルの中に閉じ込めて伝送するためほぼ劣化なしです。

アナログ信号ではありますが、1メートル程度の短い伝送区間での信号劣化はまず考えられません。 ノイズ対策の意味でもAUXケーブルはなるべく短いものを使用されるのがおすすめです。

例えばBluetooth等の無線通信で音楽信号を伝送する場合、ケーブルの中ではなく共有されている空気中を電波・信号が飛ぶので他の機器との電波干渉が発生する場合があります。 その結果、通信ビットレート低下による音質劣化や通信エラーによる音飛び・音途切れにつながる可能性があります。

 

汎用性が高くスマホ側/カーナビ・カーオーディオ側共に対応機器が多い

カーナビ・カーオーディオにスマホ等のポータブル機器を接続する方法は以下の通りいくつかありますが、

  • AUX接続:最も汎用的、スマホ側はほぼ100%対応、カーナビ・カーオーディオもほぼ全て対応
  • USB接続:スマホ側は基本iPhoneのみ対応、カーナビ・カーオーディオ対応機種も多いがすべてでは無い
  • Bluetooth接続:スマホ側はほぼ100%対応、カーナビ・カーオーディオ対応機種も多いが古い機種等は非対応
  • HDMI接続:スマホ側は全てでは無いがほぼ対応、カーナビ・カーオーディオ対応機種は比較的高級モデルのみ対応

というのが現状でスマホ側、カーナビ・カーオーディオ側両方がほぼ全て対応している接続方法はAUX接続のみです。 最近のカーナビ・カーオーディオ新機種であればBluetooth接続にはほぼ全て対応していますが、私の車含め多少古いカーナビ・カーオーディオではまだ非対応のものもあります。

 

音楽再生でAUX接続を選択するメリット

スマホ内の音楽ライブラリを車のスピーカーから再生可能

AUX接続の最大のメリットはスマホやウォークマン等の携帯できる音楽プレイヤーのイヤホン接続端子をそのまま利用できることです。 つまり、スマホやウォークマンをそのまま車内で活用できます。

最近ではスマホやウォークマン等の携帯できる音楽プレイヤーを中心に音楽ライブラリ環境を作られている方は少なからずいらっしゃるかと思います。

車の中に限らず、多忙な現代人が限られた時間・場所で音楽を楽しもうとすると、

  • いつでもアクセスできる自分だけの大量音楽ライブラリ
  • いつでも好きな曲を呼び出せる使い慣れた楽曲検索システム
  • 徒歩・電車・バス・そして車、どこでも音楽が楽しめる同じ環境

があると非常に便利です。

そして、これらを全て実現できてしまう夢のような機器が、実は身近にあるスマホやウォークマン等のポータブル音楽プレイヤーなのです。

確かに少し前まではHDD/SDナビの中にCDから録音して音楽ライブラリサーバーを作ったり、今でもSDカードをHDD代わりにパソコンを活用し音楽ライブラリを保存したりする方法もまだまだ主流かもしれませんが、持ち歩く用、車用、家用などと似たような音楽ライブラリをそれぞれ分けて作るのは正直めんどくさいのではないでしょうか? 自分の音楽ライブラリはスマホやウォークマン等のポータブル音楽プレイヤーどれか1つに集約した方が楽ではないでしょうか?

つまり、自分の好きなときに好きな音楽を、そしてできる限りめんどくさく無く楽しむためには、普段車内以外でもお使いのスマホやウォークマンとカーナビ・カーオーディオを接続するのが最も合理的なのです。

 

カーナビ・カーオーディオがハイレゾ非対応でもハイレゾ音源再生可能

2018年現在、ハイレゾ音源の再生に対応しているカーナビ・カーオーディオは、カーメーカーの純正ナビ・オーディオだとレクサスの一部車種くらいしか存在しません。 カーナビ・カーオーディオとしてのハイレゾ対応モデルは、パイオニア・ケンウッド・三菱電機など一部メーカーのアフターパーツのカーナビAV一体機が中心となります。

しかし、スマホやハイレゾウォークマンをAUX接続することで、ハイレゾ非対応のカーナビ・カーオーディオしか搭載されていない車であってもハイレゾ音源が再生できるようになります。

下図がAUX接続によるハイレゾ音源信号の流れのイメージです。

ハイレゾオーディオ再生対応ポータブル音楽プレイヤーをカーオーディオへ接続図

ハイレゾ対応スマホやハイレゾウォークマンなどのハイレゾ対応ポータブル機器には、ヘッドホン用アナログAUX-OUT端子が装備されてますので、そこにAUX(ミニピンプラグ)ケーブルを接続し、そのままカーオーディオのAUX-IN端子に挿すだけです。

ちなみに、iPhone/iPod/iPadについてはそのままでは使用できず、本体にハイレゾ再生アプリ(FLAC PlayerONKYO HF Playerなど)をインストールする必要があります。

また、厳密に言うとハイレゾ音源のデジタルデータはAUX-OUTされる時点で一旦アナログ信号に変換されるので、AUXケーブル接続部での劣化はほぼ無いとは言え、カーナビ・カーオーディオ内部のA/Dコンバーターの内部処理の精度によっては、ハイレゾ音源の解像度がどこまで維持されるか微妙との考え方もあります。 ただし、普通に考えれば従来のメジャーな音楽ソースであるCDが再生されてきた内部回路を持つカーナビ・カーオーディオがCD音質以下の解像度で内部処理をしているとは考えにくいので、CD音質同等以上のハイレゾ音源再生はAUX接続でも十分実現できていると考えられます。

車でハイレゾ音源を再生する方法についてもっと詳しく知りたい方は、こちら”ハイレゾ音楽プレイヤーとカーオーディオには4種類の接続方法があった!“の記事にまとめましたので、合わせてご参考にどうぞ。

 

音楽聴き放題サービスやRadikoなどスマホならではのコンテンツを車のスピーカーから再生可能

最後にスマホや通信機能が備わっている例えばAndroid OSで動作しているポータブル音楽プレーヤーであれば、Amazon Music や Google Play Music、Spotify などの音楽聴き放題サービスやRadikoなどの音楽サービスアプリを車の中で楽しむことができます。

音楽聴き放題サービスでは、定額料金を払えばスマホ等にインストールした配信アプリやWeb上の配信サイト経由で各サービスが持つ100万~4000万曲以上もの膨大な音楽ライブラリの曲が何度でも聴き放題ですが、さらにそれを車の中でも楽しむことができるようになります。

ちなみに、オフライン再生機能を活用することで、よく聴く曲・アルバム等をスマホの中に保存することが可能です。 外出前に自宅等のWi-Fi環境下で聴きたい曲を前もってまとめてスマホ内のメモリにダウンロード・保存しておくことで、常にネット接続(=外出先では通信料発生)する必要が無くなり、通信料を抑えることもできます。

オフライン再生対応している代表的な音楽聴き放題アプリ・サイトの比較一覧は以下の通りです。

聴き放題
サイト・
アプリ名
月額
料金
楽曲数 オフライン
再生方法
音質
(ビット
レート)
対応機器 おた
めし
無料
期間
サービス
開始
時期
Amazon
Prime
Music
¥325
(¥3,900
/年)

100万曲
ダウンロード
(曲数無限)
~256
kbps
iPhone、iPad、Androidスマホ/タブレット、PC(オフライン再生不可) 30日 2015年
11月
Amazon
Music
Unlimited
¥980
(プライム会員
:¥780)

4,000万曲
ダウンロード
(曲数無限)
~256
kbps
iPhone、iPad、Androidスマホ/タブレット、PC(オフライン再生不可) 30日 2017年
11月
Google
Play
Music
¥980
3,500万曲
ダウンロード
(曲数無限)
~320
kbps
iPhone、iPad、Androidスマホ/タブレット、PC(一部オフライン再生可※1) 30日 2015年
9月
Apple
Music
¥980
4,000万曲
ダウンロード
(曲数無限)
~256
kbps
iPhone、iPad、Androidスマホ/タブレット、PC、Apple TV 3ヶ月 2015年
7月
LINE
Music
¥980
4,000万曲
キャッシュ
機能
(~500曲
/~7日)
~320
kbps
iPhone、iPad、Androidスマホ/タブレット、PC(オフライン再生不可) 3ヶ月 2015年
6月
AWA ¥960
4,000万曲
キャッシュ
機能
(曲数無限
/~7日)
~320
kbps
iPhone、iPad、Androidスマホ、PC(オフライン再生不可) 1ヶ月 2015年
5月
レコチョク
BEST
¥980
600万曲
キャッシュ
機能
(~約4000曲
(16GB))
~320
kbps
iPhone、iPad、Androidスマホ/タブレット、PC(オフライン再生不可) 3日 2013年
3月
Spotify
Premium
¥980
4,000万曲
ダウンロード
(~3333曲)
~320
kbps
iPhone、iPad、Androidスマホ/タブレット、PC 7日 2016年
11月
dヒッツ ¥500
500万曲
ダウンロード
(~10曲/月)
~320
kbps
iPhone、iPad、Androidスマホ/タブレット(一部非対応機種あり) 31日 2012年
7月
Deezer
HiFi
¥1,960
3,600万曲
ダウンロード ~1,411
kbps
or
~320
kbps
PC、ONKYO・Bang&Olufsen等の一部機器(1,411kbps CD音質で再生可
iPhone、iPad、Androidスマホ/タブレット(320kbps音質で再生可
30日 2017年
12月

※1:Safari、Internet Explorer、Firefox のいずれかを使用してダウンロードする場合:1曲につき2回パソコンへのダウンロード可。Chrome 版 Google Play Music や Music Manager を使用する場合:回数制限なしでパソコンにダウンロード可。

※2:dヒッツは基本的にはラジオ型の聴き放題サービスだが月10曲、最大120曲までオフライン再生可能

音楽聴き放題サービスを車の中で簡単に楽しむ方法についてはさらに詳しく確認されたい方は、こちら”音楽聴き放題アプリを車で楽しむ3つの方法“の記事にまとめましたので、合わせてご参考にどうぞ。

 

音楽再生でAUX接続を選択するデメリット

逆に音楽再生においてAUX接続を選択するデメリットはほぼ無しと言ってもいいくらいですが、あえてあげるとすると、

  • 選曲操作がスマホ側でしか行えない(音量調整はカーオーディオ側から可能)
  • 給電・充電せずに使用する場合、バッテリーが無くなると再生できなくなる
  • ケーブルの取り回しがじゃまである
  • もしもケーブルを忘れると何もできない

といったところになります。

AUX接続の非常に大きなメリットと比べるとデメリットは大したこと無い内容となりますが、AUX接続について詳しく理解いただければと思い、書かせていただきました。

おすすめ記事

関連記事

sound_down_aux

iPhone・ウォークマン等で車のAUX端子接続時の音質改善3つの注意点

iPhone/アンドロイドなどのスマホやiPod/ウォークマンなどのポータブル機器をカーオーディオに

記事を読む

necessity_Hi-res_AVN

カーナビを選ぶならハイレゾ対応にしておくべき4つの理由

新しく車を買う等で、カーナビを選ぶ場合、何を基準に選択するのが正解なのでしょうか? 価格?・・

記事を読む

howto_select_AUXcable

知っておきたい車のAUXケーブル(AUX端子用ステレオミニプラグケーブル)の選び方

車の中だけでなく、様々なシーンで使用されるAUXケーブル(AUX端子用ステレオミニプラグケーブル)。

記事を読む

howto_connect

ハイレゾ音楽プレイヤーとカーオーディオには4種類の接続方法があった!

ハイレゾ対応音楽プレイヤーとカーオーディオの接続方法なんてそんな何通りも無いでしょ・・・っていう

記事を読む

bt_aux_dap_in-car

車でスマホの音楽を聴く5つの方法!なぜBluetoothとAUXが最強か?

スマホの活用を含め、車の中で音楽を聴く方法は実際いろいろあります。 FMラジオ、CD、カーナビ内蔵ハ

記事を読む

PC用336×280

  • 名前:KYO、愛車:レクサスISマクレビ仕様
    職業:カーオーディオ開発暦10年
    ※プロフィール詳細はこちら
  •  フォローいただけると、最新情報をお知らせ致します。

    Facebook 公式ページ
    ※リニューアルしました! 詳細はこちら

    著者KYO アカウント
    ※ Twitterはじめました! 詳細はこちら

PAGE TOP ↑